スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UC Diorama ⑮ 管制塔側壁

北海道は一気に寒くなってきました。


今週は水曜日から二泊三日で「北見」という札幌から300キロ離れたところへ出張していたのですが、


札幌に戻る前日夜中、まさか雪が降るなんて想像もしていなかったです。


こりゃ、帰り道困った、、、、


タイヤもノーマルタイヤのため積雪1cmだろうと慣れていない自分にはアウト!


峠道を避けるため仕方がなく遠回りして帰ってきたので二泊三日の総走行距離は680キロでした。










「UCジオラマ」ですが、これまでひとつの作業が終わる度にブログUPしていたのですが、


今回神様が全然おりてこない、、、、


前回から一ヶ月経つ事もあり途中経過ですがUPする事にしました。





今回作っているのは管制塔がある壁


この壁には通路を作る事にしたのですが資料を見ると何故か斜めの部分があります。


何故斜めの所があるのか考えてもしょうがないのでとりあえずチャレンジしてみます。




とりあえずこんな感じで進めます。

1_20161008205630222.jpg





前にガンダムジオラマ作った時は何も考えず細長い箱作ってくっつけただけですが、


今回は面を整えたり、スジ彫り、枠組みなどやる事が多い。


1/144フィギュアを置いて高さをみたりなど結構時間がかかりました。


2_2016100820563209e.jpg




資料見ながら枠も付けて完成です。


3_20161008205633afa.jpg






斜めの部分もあると結構リアル感が出ていい感じですが、やはり斜めカットは苦手です。


4_20161008205635921.jpg


別角度から。


5_201610082056362a2.jpg








ジオラマが完成した時覗き込むとこの通路の中も見えてしまいます。


6_201610082056485eb.jpg




よって中も作る事にしました。


塗装の時ラインでも入れればいい感じになるのではないでしょうか。


7_2016100820565029c.jpg





せっかく中も作ったのでもう少しリアルにしてみようかと思います。






この部分は資料には無いのでオリジナル部分です。





ぶっつけ本番は怖いのでまずはテスト。


等間隔でプラ板を貼り付けたものにラピーテープを貼ったもので蓋をします。


中には光が均等にいくようにソフトプラ棒を入れます。


8_20161008205651072.jpg





LEDくっつけてこれを通路の裏から貼り付けるとよく暗い通路にある間接照明みたいになります。


通路には全てこれを取り付けようと思います。


9_201610082056534ba.jpg













そんなこんなで細かい作業を続けておりましたが、本日注文しておいたメインライトのLEDが


届きました!


早速試してみたくなり取り付けてみました。


10_201610082056555a7.jpg



これまで作業を進めていてLED3mmで本当に大丈夫なのか気になっていましたが大丈夫そうです。


シャッターも段差に影ができて立体感が出て良かったです。



ライトの傘はバーニアを加工しております。


薄々加工、ヤスって、穴あけが全部で16個、指の皮がむけてしまいました、、、、、





部屋の電気を全部消して(嫁怒り、、、、)LEDだけで照らしています。


11_201610082057015df.jpg


壁が白いので光が乱反射して全体が明るくなり管制塔のライトが点いているにもかかわらず


全くインパクトがありません。


壁は濃いグレーで塗装するので印象はガラッと変わるのではないでしょうか。



まだ先は長いぜ~!!!




スポンサーサイト

UC Diorama ⑭ シャッター

長い、長い苦しみからやっと解放されました!


今年2月から会社でプロジェクトチームに参加しており8月末でやっと卒業しました。


毎月東京への出張と合わせて道内の出張もあって夏休みも取ることができず身体も大変でした。


無事卒業しジオラマ製作再開です。









今回は画面奥にあるシャッターです。


これ普通のシャッターではなく光っています(赤マル部分)。


IMG_7709.png



そしてこの下画像のシャッターは中央部分の横が光っているし!


段差もあるじゃないか!


シャッターもいろいろあるようですが今回は上の画面のシャッターを作る事にしました。


IMG_7719.png












今回は同じような写真がずっと続きます。


後でこんな風に作ったんだなぁ~とわかるように細かくのせていきたいと思います。










図面


今回はやる前から地味な作業がずっと続くと覚悟しておりましたが、


まずは段差をつけるために穴あけが必要です。


最初はこの複雑な形で切り取り、穴あけ後に再度並べて貼ろうかと思いましたが


綺麗に仕上がらないと判断し「穴あけ」と「スジ彫り」で進める事にしました。


IMG_0254.jpg



穴あけが全部で70個!もう泣きました、、、、、


プラバン1mmとはいえ細かい穴をあけていくのはキツい!



穴あけが終わったら0.5mmのタガネで板が切れないようにギリギリまでメインのスジ彫りをして


そのメインラインの上下に0.125mmのタガネでスジを入れています。


(と、書きながら写真見ると入れる前のかな、、、、)


IMG_0451.jpg



穴あけ、スジ彫りが終わったら面を整えます。


穴はガタガタですが後の作業で解決できます。


IMG_0497.jpg




次に段差を付けるために裏にプラ板を貼り付け。


IMG_0501.jpg




裏板の貼り付け方はいつもと同じように複数の穴をあけて流し込み接着剤を使用。


電飾するところは空けておきます。


IMG_0503.jpg





次に穴のまわりに0.5mmのプラ棒を貼り付けていくのですが長定規をあてながらやることで


ガタガタだった穴を整える事ができます。


IMG_0511.jpg




ひとつの穴に付けるプラ棒が4本なんで280本切り出し貼り付けました、、、、、


貼り付け完了です。


IMG_0545.jpg




ただ貼り付けた棒の高さが0.5mmだと高すぎるのでヤスって高さの調整が必要です。


これだけの数を全て同じ高さにするため0.3mmのプラ板を置いてからヤスりました。


IMG_0546.jpg




外枠も作って完成です。


ほんと地味な作業でしたが穴の大きさもバッチリ揃っています。


IMG_0548.jpg








続いて電飾です。


この縦に並んだ穴を全て光るようにしなければならないのですが


細長い箱を作って中にラピーテープを貼って上から3mmLED球を差し込んで光らせています。


が、右の棒は上側は光っていますが下側に光がちゃんと届いていないため光り方にムラがあります。



最終案の左は同じく細長い箱を作っているのですが中に「ソフトプラ棒」を入れています。


これだと下まで光り方にムラがなく綺麗に光っています。


IMG_0552.jpg




同じものを6本作りました。


IMG_0555.jpg







ここまでで一度組立


まだここまでか、、、、、、、


IMG_0556.jpg




先ほどの光る箱をそれぞれに取り付けてテスト。


穴は全て綺麗に光っていますがしっかり遮光処理しないと大変な事になりそうです。


IMG_0561.jpg



現在は左側の壁の制作に入っていますが


この壁もまたいろいろとクリアしなければならない課題が山積みですが引き続き頑張ります!!




UC Diorama ⑬ 簡易ハンガー 完成

約一か月ぶりの更新です。


三週間くらい全く作業ができない時もあり相当イライラしていましたが、


なんとか「簡易ハンガー」が完成いたしました。




この「簡易ハンガー」はUCジオラマを制作し始めた時から作るつもりでした。

a.jpg


MSハンガーはドッグ内に置いて整備するためのハンガーと壁から出てくるものの二種類あり


壁から出てくるものは緊急修理などする時に使うものだと考え「簡易ハンガー」としました。


しかしながらコミックやDVDを何回見てもあまり詳しくのってい資料がなく、、、、、


もう雰囲気で作るしかないかと、、、






図面を描いたのが4月12日なんで完成まで三ヶ月以上経過していたなんて、、、、


数々の難関があり結局この図面通りの構造にはなりませんでした。

b.jpg





ひとつひとつプラ板から切り出して穴開けたり、削ったりと懐かしい絵になってしまった。


c.jpg







切出して組立た部品はこれだけになりました。


d.jpg




ドッグ全体の「壁」の色はまだ悩んでおり塗装できないのですが、


このハンガーは普段は中にあるので後々影響も出ないと思い塗装する事にしました。


メカメカしく見えるように主にメタリック系を使って塗装。


毎度無くす色見本を再度作って組み合わせを検討。


e.jpg






本体は右の壁にボックスを作成しラピーテープを貼って乱反射させ全体が光るようにしました。


f.jpg




暗い中でチェック


全体を照らすのは成功ですが色分けしたのが全然わからない!!!!!!!!


g.jpg


あまりのショックでFinoさんにLINEしてしまいました。












次に人が歩く「橋」の部分です。


グラデ塗装して白いラインは塗り分けしデカールを貼りました。


長い手すりはプラ棒、曲がった手すりは大型ホチキスの芯を曲げてメタルプライマー(だっけ?)


吹き付け後、黒→メタリック塗装しています。


自分はボンドをベタ塗りしてしまうのではみ出ないように強度も考えゼリー上の瞬着をつまようじで


塗って組立しました。


h.jpg




内部メカの組立。

i.jpg









本体の中に収納するとこんな感じです。


j.jpg











早速ジオラマにセット。


まだ壁部分の部品としっかり接着していないので蓋がちょっと浮いていますが綺麗におさまりました。


k.jpg







ここからニョキニョキと出てきます(手動ですが)


l.jpg






完全に出した状態。


m.jpg








ここから橋の一部が横に転回します(手動ですが)。


n.jpg


o.jpg







電飾しているので中もしっかり見えます。


きっと完成した時は良い感じで光ってくれるんじゃないかと思います。


最終的によりリアルに見えるようにBOX内に光ファイバーをいくつか仕込みます。


p.jpg








試しにMS置いてみました。


高さも問題なさそうです。


q.jpg



ここまで無事できて良かったですが、自分には本当にハードルが高い作業でした。


いろいろ勉強にはなりましたがもうこの部分は作りたくないです、、、、、




さて、次は「シャッター」の制作に入るのですがこいつもいろいろ難関があり


苦労しそうですが頑張ります!



UC Diorama ⑫ 簡易ハンガー

こんにちは。


毎月一回の東京出張と北海道内を車で走り回っております。


今週一週間で走った距離は1,200キロ!


調べたら東京~福岡間走っているんですね~


それでも時間がある時はちゃんとプラ板、プラ棒と格闘しております。



本当は今週末塗装してUPするつもりだったのですがあいにくの雨とイベントの関係で


できませんでした。


とうとう広告も出てしまったし、ここまでで一度UPする事にしました。



まずは「新兵器」


プラ材加工にノギスは本当に便利な道具なのですがいちいちメモリを読むのが面倒、


リンクいただいている「かさ兄さん」のブログを見て「デジタルノギス」の購入を決意


本当にこれいいです!格段に作業効率がUPしました!


かさ兄さんありがとうございました。


IMG_9629.jpg






簡易ハンガーですが、前回はここまででした。


IMG_9265.jpg


これ、ハンガーを出すと中の壁が少し見えてしまいます。


あまり目立たない部分かもしれませんが覗き込んだ時に壁が平らでは味気ないので


こんなん作っていました。


IMG_9439.jpg


これ結構初期段階で作っていたもので時間の経過とともに見ていると物足りなくなってきました。


せっかくなので一から作る事にしました。



FullSizeRender.jpg


だいぶ立体感が出たと思います。


ところが、次の課題がでてきました。


ここまで作ると今度は見せたくなってくる。


見せるには電飾が必要なのですがどこにLEDを付けたらいいのか、、、、、


箱の中にはいくつか仕切りがあるので上から照らせば真ん中や下が見えない、


横に付ければLEDをいくつも付けなければならない、、、






悩んだ結果、絶対見えない反対側の壁にボックスを作って光らせる事にしました。


IMG_9627.jpg


塗装後にラピーテープを貼って横から3mmのLEDを突っ込んで乱反射するようにします。



テスト


IMG_9622.jpg


ラピーテープを貼っていないので光にムラがありますが奥までちゃんと見えています。





他の部品も付けてみました。


問題なさそうです。


IMG_9626.jpg






他の部品も仕上げていきます。


もう抜き作業細かくて大変です、、、、


IMG_9628.jpg




抜いた部分もやすり掛けをするのでプラ板に紙やすりを貼り付けて1mm幅で切り出しました。


IMG_9404.jpg











今回はもうひとつ、


簡易ハンガーが付く壁ですがだんだんうねってきました。


たぶん接着剤のつけすぎです、、、、


この壁は0.5mmのプラ板二枚を貼り合わせて段差を付けています。




悩んだ結果こちらも作り直しすることにしました。


が、同じやり方をやってはまた同じ結果になってしまう、、、


行き詰ったのでたけぞうさんへHELPメールを送りました。


IMG_9670.jpg



こちらからの相談にも関わらずたけぞうさんはすぐ電話してきてくれました。


問題は無事解決!本当にありがとうございました!



まずは貼り付けるプラ板を切り出します。


今回下の板に上の部分を貼り付けます。


IMG_9671.jpg




貼り付ける 板に等間隔で穴をあけ、貼り付け箇所に合わせたあと


「流し込み接着剤」で付けていきます。


流し込み接着剤もいろいろ出ているようで、これもたけぞうさんお勧め「速乾タイプ」を


使いました。


IMG_9678.jpg



全くムラなく綺麗に張り付けることができました。


たけぞうさん、本当にありがとうございました!


IMG_9679.jpg


こんなペースで進めておりますが引き続き頑張ります!!







UC Diorama ⑪ 簡易ハンガー

こんばんは。


先週はGW明けというのに三日間も東京出張がありヘトヘトでした。


実は自分、布団が違うと全然寝れないんでホテルで結構遅くまで起きている事が多いです。


とりあえず暇なんでいつもなにかしらアイテム持っていくのですが、


今回は「SHFアイアンマン マーク45」を持っていきました。


でも、家に帰ればやはりほっとして空いている時間はジオラマ製作進めております。


IMG_9367.jpg






今回は簡易ハンガーです。


前回記事にも書きましたが、ドッグ内の壁から出てくる「ハンガー」です。


まずは図面に沿って切り出し作業をしましたがプラ板使っている数が半端じゃないです。


もうUCジオラマ始めてからPGユニコーンが買えるくらい投資しているのではないでしょうか。


IMG_9130.jpg




このハンガー、壁からニョキーっと出てくるのですがどんな仕組みにするか相当悩みました。


なぜならコミックやDVDを見ても出てくるシーンないし、構造見てもさっぱりわからない、、、、


もう「見た感じ」で進めるしかなさそうです。




結局一本真ん中にメインとなる支柱を作成しそれに土台部分など取り付ける事にしました。


って書いても意味わからないですよね。


下を見ていただければご理解いただけるかと思います。




とりあえずその支柱部分、


これ結構穴が開いているんです。しかも変形六角形


幅も1cmしかなく0.5mmプラ板だと厚みが足りない、、、、


気合い入れて開けていく事にしました。


IMG_9228.jpg



全部で44個、なんとか一度も失敗することなくできました。

IMG_9252.jpg






製作途中の写真撮り忘れです、、、とりあえず箱の完成です。


この箱を壁の裏側に取り付け、裏から押す事でドッグ内にハンガーが飛び出します。


IMG_9269.jpg





中身はこんな感じ。


真ん中に先ほどの支柱が入っております。


黒い部分はモデリングサポートのアイテムを使いました。


IMG_9386.jpg




これを裏から押しこむ事でニョキ~っと出てきます。


IMG_9260.jpg





そして横に転回してハンガーとなります。


たぶんですが、アニメは左右どちらにも開くんだと思います。


さすがにそこまでは仕組み考えられませんでした。


IMG_9261.jpg






ちゃんと寸法図って作っていますがMSを置いて高さの再確認です。


ちょうど良いです。


IMG_9263.jpg


IMG_9265.jpg



引き続き簡易ハンガーを進めるのですが、


この後はスジ入れたり小物を付けたりと塗装しないと接着できない部分もあるので


このアイテムは完成までいきたいと思います。

UC Diorama ⑩ 天井~ライト

こんばんは。

昨年末から発症していた「湿疹」も季節が変わったせいかだいぶ落ち着いてきました。

人間夜寝て朝まで起きないで寝られるのがこんなに幸福なんだなと改めておもいました。







ジオラマも少しづつですが進めております。

今回もフルスクラッチのため図面を書いてプラ板の切り出し作業、組み立て、

図面通り作成しても納得いかず再度図面、切り出し、組立とこんな感じで進めているのでなかなか進みません。

時間はかかりますがこれまで作成したジオラマより良いものができそうな感じです。


ブログももう少し作業を進めてからアップしようかと思いましたが、途中経過も載せておいたほうが後々見た時

面白いかなと思い地味なものばかりですがアップすることにしました。



今回は天井とジオラマ内部を照らすメイン照明部分です。

天井には格納庫からハッチへMSを運ぶ穴があります。


テレビ画面を撮影したので汚いですが、、、、、

IMG_0633.jpg



プラ板を均等に貼り付けていったのですが枚数は116枚、

こちらは組立、塗装後に電飾するのですが、パネル一枚につき穴4個開けてファイバー通す作業が大変そうです。

IMG_8869.jpg










こちらは照明部分です。

まずは切出作業。

以前と違うのは照明の角度を変えられるものにしました。

IMG_9039.jpg







組立途中がこちら、

稼働部分はこれまでたまっていたポリキャップ(でしたっけ?)を仕込み3ミリプラ棒で軸を作成

上下に動くようにしました。

IMG_9065.jpg



組立たのがこちらです。

これを天井両側に付けるので全部で16個のLED球が必要となります。

ライトの傘部分はモデリングサポートの「バーニア」を使う予定ですがまだ3ミリ球にするか5ミリ球にするか未定のため

とりあえずこれで一旦終了です。

IMG_9066.jpg



ついでにライト部分の角度を変えたものです。

IMG_9067.jpg





一度全体像を見るために「箱」を組み立ててみました。

作成した天井裏のパネル、照明を取付。

(ちょうど穴からテレビに映った人が見えちゃっていますね、、、、、)

IMG_9099_20160508004619a8a.jpg



全体図です。

IMG_9098.jpg













簡易ハンガー



右側の壁にある穴が気になるので次はここを制作します。

ここには壁から出てくる簡易ハンガーがあります。

絵の赤マル部分です。

IMG_9140.png


これもいろんな資料を見たのですが、一段のものや二段といろいろありました。

とりあえずコミック版を参考に二段のものをつくっていこうかと思います。






まずは図面

これは壁の「裏側」になります。

真ん中の横に書いた青いラインは通路部分。

以前制作した通路部分からつながって裏側にずっとのびています。



ここで問題があり、図面の通りこの「簡易ハンガー」結構長さがあり通路を横切ってしまいます。

いろいろ考えた結果、通路は三分割して三つのシーンを再現しようかと思います。

IMG_9111.jpg


次回はこの「簡易ハンガー」編です。

たまには、、、、

早いもので二月ももう終わりです。

二月は支笏湖で「氷濤まつり」、大通公園で「雪まつり」が開催されました。

氷濤祭りは昨年車が納車された時に最初にドライブした場所ですが今年も行ってきました。


支笏湖は自宅から車で40分くらいと一番近い湖です。

今年は雪が少ないので峠越えも楽でした。

IMG_8509.jpg






会場です。

この氷の塔は支笏湖の水だけでてきているのですが、支笏湖は透明度が高く不純物も少ないので

こんな風に青くなるそうです。

この日は晴れていましたが風が強く会場は全て氷、横には湖で激寒でした。

IMG_8514.jpg


会場内にある氷のトンネルは幻想的

IMG_8519.jpg


このトンネルを抜けると360度氷の壁に囲まれた空間に出ます。

右下に男性が写っていますがこれでどれくらい高いかわかるかと思います。

IMG_8523.jpg



続いて「雪まつり」

当たり前ですがこちらも寒いのと今年は嫁も見に行かないと言っていたので一人でさくっと行って写真撮ってきました。

今年のメインは「進撃の巨人」

アニメですが娘にも薦められ一時期読もうかと思いましたがやはり筋肉繊維のキャラは好きになれませんでした、、、、

IMG_8557.jpg




こちらは宮殿。

夜にはプロジェクションマッピングで演出されるのですが、

昔(と言っても小学校時代ですが、、)は雪像だけであっと言わせるものが多かったですが、、、、時代ですかね。

来年北海道にいたとしてもたぶんもう見に行かないだろうな。

IMG_8561.jpg







「ラブライブ」

この雪像の横にある小屋にはすんごい人が並んでいたのですが会場限定のラブライブフィギュアが販売されていました。

くそっ、並びたかった、、、

IMG_8563.jpg


















「1/100 バルバトス」製作



イベント記事はこれくらいにして本題。

UCジオラマは少しづつ進めておりますが、いい加減プラ板切って、貼ってに飽きてきました。

嫌になったわけではなくなんか達成感がほしい。

気分転換に短期間完成品を製作する事にしました。




作りたいもの候補として「MGガンダムX」と思いましたがかなり製作に時間がかかりそう。

では塗装が少なくて済むもので「MG 百式2.0」

これならさくっと作れるかと思いましたがさくっと作るものにしては価格が高くもったいない。

相当悩んで決めたのがバルバトスでした。

ただ、こいつのネックはショルダー部分など色分けされていないためマスキングして塗装が必要。

それでも安価である事と新シリーズという事もあり「さくっと」で作っちゃっても問題ないだろうと判断しました。



まずはさくっとフレーム組立

IMG_8677.jpg



これまでいろんなガンプラ作ってきましたが「新フレーム」だけあってとても新鮮でした。

パーツを切り出して組立しようと思っても何が何だかさっぱりわからない。



外フレーム装着

IMG_8687.jpg

いやいやかなり格好良いです。

接地性や稼働は良くないですが自分はあまりアクション付けて飾る方ではないので問題ないかと。




改修という程ではないですが初物でプラ棒を使った延長にチャレンジ。

まるまった頬フレームとアンテナをアニメと同じくシャープに。

真ん中が処理前、一番下が整えたものです。、、、延長はまりそうです。

IMG_8734.jpg


内部フレームにはかなり多くのパイプがあるため塗り分けてアクセントになるようにしました。

IMG_8743.jpg




あとは表面処理⇒洗浄⇒サフ⇒塗装⇒スミイレ⇒デカール⇒トップコートの順で作業したのですが

結局表面処理をくそまじめにやってしまい、洗浄では超音波洗浄機が相変わらず働きが悪く歯ブラシで磨くなど

二度手間となり、マスキングなどで塗り分け作業が多く思った以上に時間がかかってしまいました。

「さくっと」計画はもろくも崩れました。






完成です。

まずはフレームから。

フレームはもっとメタル調にしたかったのですがガンダムカラーのMSフレームが思ったよりメタリックではなく残念。

代わりにエッジ部分に気持ちドライブラシをやりました。

IMG_8780.jpg


IMG_8785.jpg

パイプ類はカッパーで塗装。良いアクセントになりました。



外フレーム装着。

IMG_8793.jpg

IMG_8802.jpg



フル装備で

IMG_8805.jpg


以上、1/100バルバトスでした!

IMG_8808.jpg


来週は日曜日から水曜日まで東京出張、帰ってきたその日に小樽へ行って翌日から網走方面、翌週は帯広と

かなり移動が激しくしばらくプラモ弄りできそうもないです。

3月中旬位からまたUCジオラマ製作再開します。

UC Diorama ⑨ 天井編

最近体がボロボロで困っています。

四十肩に合わせ全身「湿疹」が出てしまい夜かゆくて痛くて眠れない

合わせて仕事も忙しく帰りも遅い

かゆみと戦いながら長距離運転したり資料作ったりと最悪

耐えられないので病院に行ったら

「マイナスの世界から20度オーバーの部屋のギャップ、プラス自律神経失調症です」だって

去年はなんともなかったのにこいつは困った、、、、、、

かゆみは薬で抑えてあとは適度に気分転換も必要ですね。





1月は札幌モーターショーが開催されました。

静岡にいる時はわざわざ新幹線に乗ってビッグサイト(だっけ?)に見に行っていましたが

札幌でも開催してくれるのはありがたい。

IMG_8399.jpg

いろいろ写真を撮ったのですがほとんど一般ピーポーの顔が写ってしまっているので消すのが面倒。

ビックサイトより新車を近くで見れたのは良かったです。

が!コンパニオンが全然いない!




残念!









1月最終金曜日は東京で会議があったのでそのまま宿泊し翌日数年振りに「ダイバーシティ東京」に行ってきました。

立像ガンダムですがなんか一段と汚れていて「味」が出ていました。

ちなみにこの角度から撮る写真がリアルに見えてお気に入りです。

IMG_8441.jpg





実は時間が無くて滞在できる時間は30分程度

朝一並んでオープンと同時に入場

ほぼ貸し切り状態でした。

IMG_8444.jpg



DOME-Gの360度映像はどこかのおっちゃんと二人きりで見たのですが、

思わずワナワナしてしまう衝撃的な映像でした。

自分が唯一見れた映像は新型MSの紹介で「Zガンダム3号機」と「デルタガンダム弐号機」だったのですが、

そんなMSよりも後ろに写っているドッグ内の映像がとても格好良くて惚れ惚れするものでした。

「あ~、自分もこんな風に作りたい、、、、、、」

本当に良いものを見ました!!!!






ガンプラ展示コーナーも貸し切り!

IMG_8447.jpg




時間が無いのでそそくさとグッズコーナーへ

すでに購入するのは決まっていたので迷わず手に取りレジで会計を済ませダッシュで台場駅に向かうのでした。

買ったのはこの二点

IMG_8462.jpg









他の用事も済ませ羽田へ

ところが、、、、「機体の重要な部品交換が発生したため機体交換となりました」というアナウンス。

変わりの機体は僕でも知っている「ボーイング787」

国内線で乗れるのはANAだけらしくとてもラッキー!

本当に美しい機体で特に翼が素晴らしい!

しょっちゅう飛行機に乗っているにもかかわらず何枚も写真を撮ってしまいました。

IMG_8458.jpg

いい感じで宇宙飛んでいるみたいです。












札幌に戻って休む事なく早速フェネクスを組立

こいつはいつか塗装するということで放置プレー

IMG_8466.jpg
















ではここから「UCジオラマ」

壁をちょこまか製作していたのですがなかなか良い案が浮かばず、、、、デザインも出てこない、、、、、

うだうだ考えてもしょうがないのでひらめいたものから製作することにしました。



穴だらけですが天井です。

天井には上と下のドック内を移動するためや、カタパルトデッキへの移動など複数の穴があります。

シャッターが開閉するものやそのまま穴だけ開いたものもあります。


IMG_8470.jpg




今回はシャッターを製作

設定どおり開いたり閉じたりできるものにしました。

(裏側は汚いです、、、、)

IMG_8504.jpg



スライドにより全開にする事ができます。

シャッター全開時中が見えるのでこちらも作っていこうと思います。

IMG_8506.jpg



重厚なシャッターはギザギザにカット

IMG_8508.jpg







引き続き天井部分の製作になります。

今回は以上です。




いや、本当にかい~の!!!

UC Diorama ⑧ ~壁編 (艦橋)~

気温がマイナス1度とめちゃ寒いのですが空気が澄んでいてライトアップがとても綺麗

普段は地下を歩いて駅に向かうのですが金曜日夜はやはり気分が良いので外を歩きたくなる。

来月には「雪まつり」が始まるのでとても楽しみです。



しかし、北海道にきてもう一年、

時が経つのがとても早く感じます。

IMG_8369.jpg

IMG_8370.jpg











それではUCジオラマ

今回は「壁 艦橋側」になります。



デザインはこんな感じになりました。

IMG_8350.jpg

最終はMSが大きく見えるようにもう少し細かいディテを加えていこうと思います。



壁には「誘導灯」なのかどうかわかりませんがいくつか光ったラインがあります。

穴を開けやすいようにここだけ薄くしてあります。

IMG_8377.jpg


薄くなった部分の幅に合わせて細長い箱を作って中に緑のラピーテープを貼りつけます。

一番上に3ミリLEDがはまるように穴を開けちょっと斜めに差し込み乱反射させるように取り付けます。

箱は23センチと長いですが幅は6ミリしかないので3ミリLEDで十分光ります。

IMG_8382.jpg

箱を透明プラ板で蓋をして壁の裏側に取付ました。

透明プラ板はやすって曇らせようかと思いましたが「傷」が光を拾ってしまい一番下まで光が届かないためそのまま取付ました。

IMG_8384.jpg
















いったん仮組。

壁の補強はまだいろいろ検討しており先にガチガチに固めてしまうと後々変更した時にやりにくくなりそうなのでこのままいきます。

「通路」と「艦橋」が初めてつながりました!感動!!!!

IMG_8380.jpg









壁の裏側は黒で塗装ししっかり「遮光」、表側はとりあえずサフをふいてディテの具合など確認しました。







再度組立。

IMG_8388.jpg










部屋の電気を消してジオラマのLEDだけで撮影。

IMG_8394.jpg


IMG_8396.jpg


やっぱりMSちゃんと作りこまないと厳しそう、、、、、、

次は「壁編 モニタールーム側」です。

UC Diorama ⑦ ~箱編~

やっと更新できました!今年もよろしくお願いいたします。




12月26日~1月2日まで静岡に帰省しておりました。

やはり住み慣れたところはいいですね~

結局行った日から帰るまで飲み会やイベントやらでずっとバタバタ状態でした。

友人宅では北海道では食べられない「生桜エビ」や静岡の有名餃子店のものを何種類も用意してくれたりと

至れり尽くせりでした。

本当にありがたいです。













久々のUCジオラマですが、当初MSハンガー製作予定でしたが、これがまた進まない、、、、、

何度かチャレンジしているうちに年末となりました。

年始早々悩むのも嫌なのでとりあえず箱から製作することにしました。



まずは静岡で切り出したプラ板を組み立てしておさらい。

ついでにマスキングテープでこれまで作った「モニタールーム」や「艦橋」を付けユニコーンGを置いてみました。

IMG_8203.jpg



ついでにリディが艦橋に出たシーンを再現

IMG_8211.jpg


本当はデルタプラスがもっと艦橋の前なのですがモニタールームがあり奥に置くしかない、、、、




なんか、、、、

「小せぇ~な!!!」

見ていてかなり窮屈というかモニタールームが思った以上に場所を取るのでMSが活かせない





とりあえずもう一度考えるか、、、、、、、と、



そんなこんなで私は今日も吹雪の中営業に行くのでした!!!

IMG_8243.jpg











さぁ~、待ちに待った三連休!

今回はとことんジオラマ製作に時間を使いました。



まずは大型化に伴い大きさを決めていきます。

適当にMSを並べて寸法を決めていきます。

IMG_8251.jpg

これだけ置ければ見た目もかなり良くなるのではないでしょうか。





あのシーンも再現できそうです。

IMG_8252.jpg


結局大きさは横40.5cm×奥行35cm×高さ30cmとなりました。





さぁ、ここから「地味」な絵が続きます!!!!


まずは図面から

製作する面は全部で5面、結局DVDやコミックを見ながら描いたのでこれだけで二日も使ってしまいました。

毎度言っていますが「完璧」は無理ですができるだけ近づけたい。

一番困難なのは「寸法」で、出来たと思っても組み立てると違うなど本当に心が折れそうになります。

IMG_8253.jpg





これは一番奥にある「シャッター」です。

段差や電飾もありかなり苦戦しそうです。

IMG_8254.jpg


図面ができたので「床」部分から製作開始。


床にはMSを運ぶ「レール」があります。

プラバンを重ねて段差をつけ蛇腹みたいなところはエバグリのプラバンを使いました。

IMG_8255.jpg

0.5mmプラ板を使いましたがまだ段差が大きそうです。

IMG_8256.jpg



床部分は箱組するのですが面積が大きいので下に補強が必要です。

補強用のプラ板を切り出し、瞬着で合わせて高さを揃えます。

切り出しが下手なのよくわかります、、、、、

IMG_8260.jpg


箱を作って補強を入れました。

補強の形は迷いましたが後々この部分にも電飾の配線が通るのでこれくらいシンプルが良いかと判断。

これだけでも補強はバッチリです。

IMG_8261.jpg



先ほど作った床を載せて形になりました!

スジボリなどは壁、床、天井ができた時点で合わせて入れていきます。

IMG_8265.jpg


次は「壁」の製作です。

なかなか週中はできないので今から週末が待ち遠しい、、、、、、、、、、

あっという間の年末

北海道にきたのが今年の1月15日、

あっという間に一年が経ちました。



来た時は既に「雪」がありましたが、冬シーズンを迎えるのは初めて

11月には62年振りの記録となる積雪40センチ以上を記録しとんでもない事となりました。

それ以降は全く降らず一旦全て溶けてしまいましたが、降るときは毎度これでもかとうくらい半端なく降ります。

今シーズンはこんな調子なのか、、、、



夜中から降り始めた雪は翌日夕方まで降り続けました。

真っ白になった街中を歩いて会社近くの「時計台」へ、

自分はよく時計台の写真を撮りますが夜は観光客もいないので本当に綺麗です。

IMG_7996.jpg




そのまま地下鉄に乗って自宅へ向かい

マンションエントランスに入る前に横の駐車場へ見に行くと、、、、、、、

ノォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

マイカーがとんでもない事に、、、、、

IMG_7998.jpg

この後一時間以上暗い中雪かきをしました。

こんな状態が来年3月位まで続きます。







12月は忘年会オンパレードでほんとバタバタしております。

今居酒屋では「活イカ」が食べれます。

朝とれたイカをそのままさばいて食べるのですがこれが最高なんです!

時期によってとれるイカが変わるのですがとにかくでかい

皿の上でウネウネ動いて色もコロコロ変わっています。

グロイと思うなかれ!味は最高です。

IMG_8025.jpg







で、ジオラマ作成ですが、

11月の大雪以降、年末挨拶が始まり北海道全域を訪問、会社も12月決算でバタバタ状態で全くできていません、、、、

確か去年も同じくバタバタしてとどめで転勤だったんだよな。



作業としては1/100のハンガーを1/144へ縮尺しているところです。

IMG_7962.jpg


今年は特別28、29日とお休みをいただき26日に一年振りに静岡へ帰省となりました。

年明けにはジオラマ製作再開したいと思います(いえ、します)。



一年近く休んでいたにもかかわらず、復活時には以前と変わらずお付き合いいただき本当にありがとうございました。

とても感謝しております。


皆様良いお年をお迎えください。

UC Diorama ⑥ ~艦橋編~

こんばんは!

やっと三連休!とことんプラモ弄りするか!


その前に、、、

先日リンクいただいているかさ兄さんのブログで留萌(るもい)、増毛(ましけ)の話題がございました。

ちょうど金曜日営業で行く事になり、せっかくなので写真を撮ってきました。

※普通の写真なんで興味の無い方はスルーしてください。下の方に「艦橋」の記事がございます。



留萌(るもいだよ)は札幌から152キロあり、なんだかんだこの日は330キロ走りました。

道央道を走って旭川手前で「留萌道」へ分岐、ここから日本海に向けて行きます。

IMG_7908.jpg


留萌道に入って最初の道路がこちら、
IMG_7910.jpg

北海道は真っ直ぐな道が多く地平線までずーーーーーーーっと続いているのですが、

「お~!!イエイ!!」なんて思ってアクセル踏んだ時には一発免停コースが待っています。

同じ北海道でも広いため天気はバラバラ、札幌が晴れているから留萌も大丈夫なんて大間違い、

すでに遠くの空には怪しい黒い雲がかかっています。

IMG_7913.jpg



やべ、、、、雪が降りだした、、、、、、

IMG_7915.jpg



おおおおおイ~、、、、、
IMG_7916.jpg

写真ではわからないですが結構降ってます。

この後流石に写真撮る余裕は無く留萌市内まで慎重に運転しました。

留萌市内は早朝に少し降っただけで自分が到着する頃には雨に変わっていました。




で、これが留萌駅です。

車は結構駐車してあるのですが人がいない、、、、、

自分がこの地区担当した時「るもい」なんて読めなかったし、「萌」の字はやっぱりあの「萌え」だよな~なんて思っていましたが、

さすがに地元の人に言ったら怒るだろうと思っていたのに駅周辺の店舗はみんな

喫茶「もえ~る」、居酒屋「もえもえ」など使いまくりです。

僕が気にし過ぎか、、、、、、

IMG_7917.jpg

留萌で顧客訪問後、今度は増毛(ぞうもうではなくましけです)へ向かいます。

15キロほど走って増毛駅に到着



それがこちら!

IMG_7923.jpg

33年前高倉健さん主演映画ステーションが撮影された駅で有名ですが、ここにも人がいません。

中に入って時刻表を探しました。

それがこちら!!

地元企業の担当者からも聞いていましたが乗り遅れたら完全アウトです。

今は利用者が平均3名という状況らしく廃線も仕方がないかもしれませんね。

IMG_7924.jpg


ついでに高倉健さんが立ったというホームを見に行きましたが、、、、、

IMG_7927.jpg

一応真ん中にあるのがホームです。

う~ん、資料館にあった写真とはだいぶ違うような、、、、

留萌、増毛のお客さんは親切だし、食べ物は美味しいし、これからも通うのですが、、、、、

有名な豪雪地区でありこれから雪の中こなければならないのは憂鬱です、、、、、










と、だいぶ前置きが長くなりましたが、

ここからUCジオラマです。




今回は「艦橋編」です。

通路編と同じようにアニメからおおよその長さを計算して作成しました。

アニメをよく見ると艦橋は一番下にある「大」、MSのコクピットの高さにある「中」、

そして天井近くにある「小」と三種類あるかと思います。

僕が作るのはリディがオードリーを連れ出す時に出てきた一番大きい艦橋になります。



切り出した部品はこんな感じ。

IMG_7871_20151121211715003.jpg




ディテ入れる前にマスキングテープでベタベタ組立して確認。

IMG_7875.jpg


今回すんなりできるかと思っていましたが大間違い、

結構「手すり」で時間がかかってしまいました、、、、、

0.5~からのプラ棒で作成すると細いのでウネウネしてしまい、いかにも手作り感満載になりそうだし、

真鍮線とか考えましたが、丸の真鍮線だと斜めカットはできないし、結合部分が浮いてしまうため却下。

しかもアニメをよく見ると柵の付根部分が斜めになっているのである程度カットなどの調整が必要になってくる。

やはりプラ棒で作るしかないと思い、下の棒は1mmの三角プラ、真ん中は幅0.75mm厚さ0.2mm、

一番上の棒は1mmの角棒をそれぞれ定規を駆使して真っ直ぐになるように作成しました。



柵の付根部分は斜めになっているので長さ5mmで切り出し、下部分は45度でカットしなければならない。

プラ板で簡易「カット台」を作って同じ長さ、ガッツリ45度でカットができるものを作りました。

IMG_7889.jpg

写真で見ると綺麗にならんでいるのですが、現物は浮いている棒もありボツにしました。

「カット台」を何度か改良しなんとか同じ物が切れるようになったのですが、なんかやっているうちに自分が

職人になったように感じてしまうのは気のせいか、、、、


そして組立たのがこちら

IMG_7930.jpg

写真では小さくてわかりにくいですが付根部分も斜めに付ける事ができアニメと同じように再現できたかと思います。

サフ後、スポンジヤスリで表面を整えました。

IMG_7950.jpg








まだ塗装はしていないので弱両面テープで組み立て。

IMG_7933.jpg



そしてフィギュアを置いてアニメ画面と同じ角度に置いて最終チェックです。

IMG_7946.jpg

いい感じでできたかと思います。



次はこれを取り付ける位置を決めるための「MSハンガー」作成です。

UC Diorama ⑤ ~通路編~

こんばんは。

今週はよく走りました!

(営業で、しかも車でですよ)

オフィスは札幌なんですが最北端稚内まで担当なんで一日400~500キロくらい走る時もあります。

今週一週間の総走行距離は1,500キロになりました。

遠隔地に行った時は現在位置「Now!!」の写真を撮って家族に送っています。

まぁ、今に飽きてやらなくなると思いますが、、、、、

IMG_6434.png










北海道は食べ物が美味しいと言いましたが、僕の一番はこれ!

IMG_6388.jpg

「活イカ」です。

時期によって食べれるイカが変わるのですがだいたい500円~1,500円くらいで食べれます。

もちろん活きていますしコリコリしていて美味い!ですが、目はいらないです。リアルです。












それでは

ここから「UC ジオラマ」です。

今後製作するものを順番にまとめてみました。

①モニタールーム (完成)
②通路
③艦橋(?)正式名わかりません。
④MSハンガーType1
⑤ドック内 壁2面
⑥ドック内 シャッター
⑦天井
⑧床

ん~、これ以外にMSやフィギュア、小物製作、電飾などやらなければならない事が多いですが順番に進めていきたいと思います。






まずは通路、

目指すはこちら!

IMG_7715.png



通路(なんかもっと格好良い言い方ないかな)ではいろんなドラマがありました。

今回はとりあえずこの部分だけ作ってあとあと通路を延長して他のシーンも再現してみたいと考えています。






全く同じには作れませんが「3次元化」が目標なのでできるだけ精密に作りたい。

今回は「こんな感じでやってます!」というのも含め写真多めです。



まずはスケッチして1/144フィギュアを置いて、写真を撮って資料画面と比べます。

場面によって見え方が違うので寸法を確定するのに苦労しています。

これで大丈夫と思ってプラ板切って組み立てると微妙に違う、、、、やり直し、、、この繰り返しです。

90_20151114225523775.jpg




下二枚の図面は前回の記事にものせていましたが、

「通路」を作って次につながっている「艦橋」の寸法を確定したら「通路」が狭かったので作り直したものです。

上と下の図が微妙に違うのがわかるかと思います。

IMG_7757.jpg

IMG_7758_201511142257510bf.jpg






写真は「通路」一号の時の写真ですが、毎度やり方は一緒です。

プラ板を切り出し、フィギュア立てて写真を撮っていちいち確認します。

IMG_7787.jpg



次にスジ彫りです。

これもいろんな場面を見てなるべく同じように入れています。

作業やっていて驚いた事があって、アニメですけどどうでもよい線とか装置とか画面変わってもしっかり描かれているんですよね。

絶対図面あるよな~、、、ほしい、、、、、

IMG_7735.jpg




床と壁、天井の境に「モール」があります。

下は2mm、上は3mmの三角プラ棒で再現していきます。

91_20151114230128693.jpg





モールはコーナーで丸く曲がっているので壁のコーナーに合わせて丸くしました。

IMG_7826.jpg
※部屋のライトがアンバー色なんで赤っぽいですがプラはちゃんと白です。




次に天井です。

天井は光がたくさん入るように少し大きめにしました。

切り抜くのが大変なのでいったん切り飛ばして必要部分をくっつけました。

接着が固まった時点で合わせ目を消してスジ彫りをしています。

IMG_7818.jpg


写真忘れましたが天井ライトの枠に1mmプラ棒を付けて段差をつくっています。

この方がより立体的に見えます。

透明プラバンをサイズにカット後粗目のヤスリで削って「すりガラス」のようにしています。

光らせる箱はブラックで塗装後、光が反射するようにラピーテープを貼っています。

IMG_7856.jpg




まだ塗装していないのでマスキングテープで固定しながら組立。

ブラブラしている部品もありますが今は仕方ががない。



では組立も完了しましたので5mmLEDを差し込んで点灯確認です。

IMG_7869.jpg

いい感じで光っています。

今はLEDをラフに付けているので光り方がまばらですが今後調整していきます。





















そして、、、暗い部屋で撮影したのがこちら

IMG_7860.jpg


この写真を見た時とても感動してしまいました。

やっぱりジオラマは楽しい!

塗装しようかと思いましたが、長い時間かけて製作して後々他のものとチグハグになる可能性もあるので

ある程度進んだらまとめて塗装していきます。

通路はいったんここで終了ですが塗装後に改めて画像比較をのせたいと思います。





次は「艦橋」です。


MGνガンダムメカニカルクリアー 完成

こんばんは。

北海道はどんどん寒くなってきました。

朝は毎日布団と格闘しています。


写真は道庁のいちょう並木です。

オフィスは「時計台」と「道庁」の中間位にあり顧客訪問の帰りにiPhoneで撮影しました。
IMG_7739.jpg


そして食べ物はメチャ旨い!

スジコを買ってきて自宅でバラし味付もそれぞれ家庭の味で仕上げます。

スジコが安いのでいつもたらふく食べれます。
IMG_7706.jpg









それでは、MGνガンダムメカニカルクリアー完成です。


まずは内部フレーム

メタリック塗装しましたがあまり光っていないですね、、、、

IMG_7544.jpg


IMG_7546.jpg


IMG_7538.jpg





クリアー外装を装着

思ったより派手になってしまいました。

サイコフレームの青緑が目立ちすぎるので塗装し直そうと思いましたが、パーツがきつすぎて全然外れない、

塗装し直しは断念しこのままとなりました。

IMG_7644.jpg


IMG_7645.jpg




せっかくなので写真多めで

IMG_7573.jpg


IMG_7658.jpg




脚が一番見応えがあり何枚も撮りました。

IMG_7675.jpg

IMG_7671.jpg

IMG_7652.jpg






ライフルとシールドがスケスケなのでこちらも内部フレーム製作しようといろいろやりました全然ダメ!!!

難しく挫折してしまいました。

IMG_7586.jpg


IMG_7639.jpg

以上、MGνガンダムメカニカルクリアーでした。














次回からは「UCジオラマ」になりますが、きっと毎回地味な記事になるかと思います。

UCエピソード1~6を繰り返し見て画像チャプターなど見ながら図面を描いています。

やはり感覚だけで製作すると結構間違っていてやり直しの回数も増え心も折れる、、、、

時間はかかりますが図面から地道に行きたいと思います。

IMG_7758.jpg


MGνガンダムメカニカルクリアー ②

札幌は明日今シーズン「初雪」が降るみたいです。

北海道にきたのは一月ですでに雪が積もっていましたが、

いざ降るとなるとどうなるのか少し不安です。





では、MGνガンダムメカニカルクリアー二回目です。

今回外装は塗装しなくてよいのでフレームパーツのみです。

(結局外装もトップコートしましたが、、、)




サイコフレームは何色にするかかなり迷いましたが発動していないグレー系で塗装した場合、

フレームとかぶってしまい目立たないだろうと思い結局ブルーグリーンで塗装しました。



フレーム自体はいろんなメタリックカラーを使って塗り分け。

マスキングしたりしてなるべく細かく塗装してリアルに見えるようにしました。

14_20151025000809e80.jpg





お次はメタルパーツ

自分はあまりメタルパーツを使うのが好きではなく外装には付けないのですが、

今回は内部フレームなのでメカメカっぽく見せたくこれまで買い置きしておいたメタルパーツをふんだんに使っています。

18_20151025000806ad7.jpg




お次は赤く塗装したプラ棒を付けました。

これ初めてやったのですがアクセントに凄く良いですね。

これもきっと透明外装を付けた時に良いアクセントになってくれると思います。

19_201510250008073e4.jpg



サイコフレームはそのまま付けようかと思いましたが、

内部フレームをいろんな色で塗装しているのと、サイコフレームが透けており色合いがチグハグに見えてしまったので

付属のシールを貼り統一いたしました。

16_20151025000812267.jpg






見えにくいですがシリンダーはミラーフィニッシュを貼りつけました。

15_20151025000810c53.jpg





外装はデカール貼るか、他のを貼るか、トップコートはツヤ有りにするかツナ無しにするかいろいろ迷いましたが、

結局付属のデカール貼って、トップコートはツヤ有りにしました。

思った以上にツヤツヤになって透け具合もかなりアップしました。

21_20151025000902e77.jpg





あとは内部フレームにこれまで作ったガンプラの余ったシールを貼りました。

外装とかぶらないように文字系のシールも貼っています。

20_201510250009089aa.jpg

IMG_7540.jpg








今回はここまで、

もっと弄りたかったのですが僕には「一度切ってプラ板挟んでまたくっつけて、、、」という事ができません。

よってオリジナリティのある作品が作れない。





やはり自分はジオラマとか作っている方があっているようです。

どこまでできるかわかりませんが同時進行で「UCジオラマ」も再開しました。

やはりこれはずっとずっと考えていたものなので時間がかかっても是非とも完成させたい作品です。






とりあえず小物から製作開始です。

22_2015102500090499f.jpg


とりあえず、、、、、

前回が12月13日だから約10ヶ月振りのブログ更新。

去年の12月13日といったらちょうど北海道への異動辞令が出てバタバタし始めたころかな。





そう、北海道にきて早10ヶ月、あっという間でした。

僕の営業エリアは北海道全域と広く、車で500キロ走ることなんてざらにある。

妻も人生初めての県外であり、いきなり雪、勤め先もやめてきたので知り合いもいない、

自分も忙しすぎて全く気持ちに余裕が無く、あれだけ毎日やっていたプラモ弄りをやろうと思えない。


北海道は食べ物が美味しいのでもともと好きだった料理を始めもうひとつのブログへのせたがブログ自体が続かない、、、





夏になってようやく落ち着いてきて妻と北海道一周旅行したり、妻も仕事を初めて知り合いもできて

やっと落ち着いてきた感じです。



あまりにも移動距離がすごいので地図を買ってきて行ったところに印をつける事にしました。
1_20151018010927fa4.jpg
10ヶ月でいろんなところに行きました。本当に広いです。




料理も相当極めました。

写真は旬のサンマを使った土鍋御飯です。

だしは利尻昆布を使ってカツオだしと合わせています。

自分で言うのも申し訳ないですがとても美味しかったです。
2_20151018010929b86.jpg












嫁の仕事も安定してきたのでそろそろプラモ弄り復活しようかなといろいろ考えていました。

札幌は静岡よりほんと都会です。

ずっと行ってみたかった「ガンダムEXPO」、札幌はちゃんときます!

初のEXPO、復活に是非つくってみたいものが会場限定品で売っていました。


「MGνガンダムメカニカルクリアー」
3_2015101801093026a.jpg


νガンダムは三体目になりますが、作っていて本当に楽しいアイテムです。

早速作ってみました。

クリアーはランナーから切り離すのにとても気をつかいます。

4_20151018010931d0b.jpg


本当にクリアーでフレームがよく見えますがグレー一色です。

5_2015101801093359c.jpg









試しに前回製作したνガンをばらして付けてみました。

8_201510180109510d9.jpg



思った以上にフレームが透けています。

10_20151018010946c1e.jpg


これフレーム色分けして塗装したら面白いのではないか、、、、

塗装であればそんなに手間かけずにできそうな気がする、、、、復活にはちょうどいいか、、、、、



なんだかんだ思いながら製作開始です。


9_20151018010945325.jpg




塗装だけでいいかと思っていましたが、透けすぎてスカスカが目立つ部分もあったので

これまで集めた部品使ってゴチャメカなど作ってみました。
11_20151018010948c50.jpg




リアアーマーはゴチャメカでいいのですがフロントアーマーでゴチャメカはないだろうと思い0.3ミリプラバンで

内部フレームみたいなのを作ってみました。

「型」をとるのに苦労しましたがなんとか綺麗に収まりました。

12_201510180109499bb.jpg



外装を付けるとこんな感じ。

13_20151018011008058.jpg


リアはまだスカスカですが今回はこれでいきます。


ご報告その2

しっかりスポンサー広告出ていましたね。

ブログ開始してから初の事だと思います。

10月末からバタバタしてなんとかやり遂げ落ち着いてきたこの頃いよいよあの時期が到来です。

12月決算の当社では「異動」の時期なんです。

しかも「1月1日付」




上司から先週連絡があり「異動だけど是非受けてほしい」と

その場所はなんと「北海道」でした。

小さい頃は親の仕事の関係でそれこそ北海道から九州まで行きましたがまさか自分が行くとは、、、、

しかもこの真冬に、、、、

天気予報で青森や北海道の雪の様子を他人事のように見ていましたが

今はテレビにクギ付けです


昨日全社員にメールで辞令が発表され見た瞬間に実感が沸いてきました。

早速引継を受ける担当にご挨拶の電話

札幌から北海道全域担当するらしく一番遠い顧客は「網走」だそうです。

ははははは。。。。



と言いながらもせっかくの機会なので頑張ってきますわ!!!

プラモ復活はまた先になってしまいましたが新居ではしっかり趣味部屋作りこみます。

静岡より模型ショップもあるでしょ

来週から引継や新居探しで一度北海道まで行ったり、引越の準備をしたりとまたバタバタしそうです。



就職してからずっと静岡でしたが気持ち新たに頑張ります。

復活した際はまたよろしくお願いいたします。

ではでは

ご報告

いつも訪問いただきありがとうございます。
うちの会社は12月決算で10月に入ってから毎日殺人的な忙しさになりまったく製作できない状況です。
12月初旬には落ち着いてくると思いますのでまた再開したいと思います。
皆様もお体に気を付けて製作活動頑張ってください。
ではでは。

UC Diorama ③ モニタールーム製作 塗装~組立

こんばんは。

今週末はまたまた台風接近でさっきからiPhoneの警報が鳴りまくって大変です。

いつも使っている携帯でも聞きなれない音が鳴るとドキドキしちゃいますね。





さて、時間のかかっている「モニタールーム」ですが、来週から出張など重なり作業ができそうもないので

この三連休で一気に組立まで終わらせました。



まずは塗装。

赤三色使って塗装後、スミイレ。デカールも貼ってみましたがかなり違和感あったので却下。

ハゲチョロはドライブラシで少しだけ入れました。

80.jpg





内装です。

仮組と違って今度はキッチリ張り付けるので一枚一枚最終の擦り合わせしながら組立しました。

81.jpg


「もう失敗は許されない」というプレッシャーが襲い作業しながら手は汗でびっしょり、、、、

何度も手を洗いながら作業を進めました。




照明部分は箱を作ってその中にチップLEDを組み込み光らせるようにしています。

ラピーテープを箱の裏側全体に貼って乱射させます。

82.jpg





LED点灯、光漏れもなく全体で光ってくれました。

明るさもちょうど良いです。

83.jpg




部屋の電気を消してLEDだけで照らしてみました。

ちょっと感動、、、、、、

84.jpg






そしてこのモニタールーム、前方にライトが付いており、しかも点灯しています。

84-1.png



こちらは光ファイバーを使って光らせました。

ライトの基礎部分はkotobukiyaのモデリングサポートシリーズを使用。

光ファイバーを通した後クリアーレンズを張り付けてあります。

85.jpg






後は屋根を付けたり取っ手を付けたりなど仕上げなんですが、

何気にここまでの作業だけで結構時間がかかっています。

部品が細かすぎるのと緊張の連続で手がプルプル状態でした、、、、

86.jpg


全点灯してみました。

87.jpg

前から
88.jpg






最後にフィギュアを置いてテスト撮影、

大きさバッチリです。

89.jpg




とりあえずモニタールームはこれで完成としたいと思います。まだまだ先が長いんで、、、、

しかし、このモニタールームの製作期間、ぶっちゃけ長い!長すぎた!

ただ、「完璧」とは死んでも言えないがここまでできて良かったと思っています(^^)


次回からは壁ばかりなので地味~な絵が続きそうな・・・・・・・


UC Diorama ③ モニタールーム製作 5号機

こんばんは。

一ヶ月は早いですね~、特にこの一ヶ月はバタバタしていたのでなおさらです。

そんな中でも時間を作ってコツコツとUCジオラマ製作していました。

今回お届けするのは、、、、、、、、、、、、、






「モニタールーム」!!!

まだそこかよ!と言われそうですが、まだここなんです(泣)。許してくださいね。


また、今回写真が凄く多いです。

私の小学生並みの国語力の文章はすっ飛ばしていただいて結構です。

よろしければ画像だけでもスラ~っとご覧ください。




その前に、

やっときましたSHフィギュアアーツ アイアンマンマーク42

これほしかったんですよ~。

初回特典のソファーは別にいらなかったのですが、せっかくなので映画のワンシーンを。

アイアンマン語ると長くなるし、後が長いのですっ飛ばします。

30.jpg










では、モニタールームです。


ブログは議事録も兼ねているので細かく写真を載せさせていただきます。


まずは基礎部分、

ヤスってヤスってなんとか納得のいく形になりました。

31.jpg


窓枠を作るためにピンバイスで穴を開けまくります。

プラ板は主に0.5mmを使用。

アニメを見ると鉄板が何層にも重ねられているのがわかります。

できるだけ再現したかったため薄めのプラ板を重ねています。

もちろん補強も兼ねています。

32.jpg







裏側、

穴を開けたプラ板を付けて、、、、、

お~!ちょうど穴のところにミスったところが、、、、こちらはパテでクリアー!

人間追い込まれると使えなかったパテが使えるようになるんだと実感しました。

33.jpg







続いてコントロールパネルです。

これいくつ作ったかな~、

せっかくなので前回と少し違うものを作っていきたいと思います。

切り出し、タガネでスジボリ、

スジボリですが、さすがに何度も作っていると下書き無しでここまでできました。

モニターは3mm三角プラ棒を利用。

34.jpg


床も同様に製作、モニター前のキーボードは前回プラ板にタガネで線を書いただけだったので今回は別の方法で

表現したいと思います。

35.jpg










次!、、、、、きちゃいました。「椅子」、これ結構面倒なんですよね~

前回作ったものも使えるのですが、色の関係もあり一から作り直しました。しかも4脚(号泣)

プラ板、プラ棒を駆使して作るのですが、もう小さすぎていい加減限界になってきました。

36.jpg


そして~!!!!とうとう買っちゃいました!新兵器!アマゾンで約1000円!

上にLEDライトも付いていて小さいものが見える、見える!作業がめちゃくちゃ進みました~!

37.jpg



モニタールーム、椅子完成です。

椅子だけで三日位かかったと思います。

38.jpg




二号機と比べると、この大きさの違いはなんでしょ。

同じものを作っているのですが、なにを基準にしたらこんな大きさになるのでしょうか、、、、。

38-1.jpg


次は天井です。

実は前回はここを作る事がどうしてもできず挫折しました。

もうエポパテ使いましたよ~、時間計って切り出しとかいろいろ勉強しました。

使い方わかってくるとハマりそうですね~♪

死に物狂いで使った結果なので雑なのは許してください!

天井部分はプラ板に照明用の四角い穴を開けて番の小さいヤスリでやすった透明プラ板をはめ込みます。

39.jpg








天井の形に合わせて折り曲げ、スジボリを入れます。

(この時点ではまだスジボリしていません)

形が複雑なので先に透明プラ板をはめ込んで面出ししておけば後々作業がしやすいと思った方法です。

また、前回(左のもの)はアニメに合わせるため照明を小さく作成、

結果光量が足りず部屋全体が暗かったため今回は大きくしました。


41_201410052214334ca.jpg




次!

外側にスジボリを入れました。

ガイドテープを使って作業したのでそんなに難しくはなかったです。苦手な曲線も無かったし(^^;

43_201410052214350cb.jpg




次は「窓枠」です。

エバグリの0.25mmを使って窓枠に沿って張り付けていきました。

これでよりリアルに見えるのではないでしょうか。

44_201410052214360c5.jpg




ライト部分の枠にも同様の作業をしました。

45_20141005221438c13.jpg




え~、お次はですね~

傘部分です。

このモニタールーム、屋根にまた屋根が付いているんですよ~、

ただでさえ屋根部分の製作が大変なのにそれをかぶせる屋根があるなんて、、、、、




今回は屋根がきっちりできましたのでカバーの屋根は思ったより簡単にできました。

こちらもスジボリをしっかり入れていきます。

46_201410052214498c9.jpg






合体~!!!

時間がかかっただけにこれを初めて見た時は感動してしまいました!!


「あ~、やっとここまできた~!!」と一人歓喜の声をあげるのでした。

47_201410052214516d5.jpg





フロントの取っ手?(何故ある!誰が掴むんだ!)

こちらは1mmプラ棒を使って作りました。

48_201410052214524a6.jpg










やっと塗装です。


これでモニタールーム部分は揃いました。

細かい調整をしていよいよ塗装です。

49_20141005221454728.jpg


まずはサフを吹いてスジボリや面出しのチェック

スポンジヤスリを使って表面を平らにしていきましたが、

サフって凄いですね~、まだまだ未熟です、、、、、。

50_20141005221456039.jpg





お次はですね~ルーム内天井のモニターです。

今回はこだわりました。

両側のモニターはプラ板を二重にして段差にしました。

モニター色のブルーで塗装後、モニターっぽく見えるようにNCデカールを貼り、その上に透明プラ板をかぶせています。

真ん中のモニターはアニメではドッグ内を映しだしているのですが、こちらは今回製作したUCユニコーンフルアーマーを

撮影し加工しています。

この写真ですが加工するのに結構時間を要したため前回のを剥がして持ってきちゃいました、、、

51_20141005221518df5.jpg






お次はコントロールパネルの「キーボード」です。

透明プラ板に等間隔で線を入れていきます。

さすがに本物のキーボードと同じように線を入れることはできなかったので「縦」と「横」だけです。

その後こちらをはめ込む穴の大きさに切り取り、スミイレをした後線を入れた面を下にしてはめ込みました。

52_20141005221519969.jpg



で、はめ込んだのがこれ、

全然見えないですね~(苦笑)

まぁ、ここは雰囲気重視でいきます!

53_20141005221521a8b.jpg






外装は基本色の塗装が終了です。

ここから表面を整えたり、グラデ塗装などまだ作業が残っています。

本当は今日やりたかったのですが、タイムアウト!!

54_2014100522152242c.jpg



一度組んでみました。

接着していないのでテープだらけで、しかも歪みまくっています。

まぁ、雰囲気だけでも。

55_20141005221524324.jpg


毎回、ブログ更新しようかと思ってはいるものの、絵的にどうかと思うものが多く、

自分でここまでで製作したらアップしようと決めていました。

またいつ更新できるかわからないし、この記事見ればまた次頑張るぞ!と思えるし、

モチベ維持のためにもこの形でブログアップしていくのもありかと思っています。


次は塗装完成と組立、電飾です。





長々申し訳ございませんでした。

懲りずにまた遊びにきてくださいね。

よろしくお願いいたします。


UC Diorama ② BOX製作

こんばんは。



やっと「SHフィギュアアーツ響鬼」が発売になりました。

仮面ライダーシリーズは最近見ていませんが、響鬼は一番好きなライダーで

真骨頂シリーズで発売されると発表があった時点で購入確定、予約していたものが届きました。

20_20140906235054d0c.jpg


炎のエフェクトパーツが付属されており、なかなか良いです。

21_20140906235055d8e.jpg

うん、かっちょいい!!





で、UCジオラマですが、全然進んでいませんでした。

何が原因か、

普段時間が取れないのもそうですが、今回自分の中で一番のキモになる「モニタールーム」製作で苦戦しています。

自分の技術では容易にクリアーできない「面」が多く、プラ板正確に測って切り出したり、パテ固めて削ったり、

かなりの時間を要しています。

この写真はモニタールーム3号機です。

29.jpg

うまく箱になったものの、思った形にならずボツ、、、


照明もちゃんと取り付けた4号機もボツ、、、、

27_2014090700063142a.jpg



結局プラ板積層で、ヤスリで削りだすことにしました。

これ失敗したらもうモニタールームはただの四角い箱にすることを覚悟していましたが、

無事順調に削り出しが進んでいます。

もっと早くこの方法でやればよかった、、、、。

裏側ですが、プラ板をちゃんと接着していないと穴が開いちゃうんですね。勉強になりました。

この部分はディテを入れたプラ板をもう一枚張るので問題ありません。

22_20140906235056f2c.jpg









箱製作開始

いつまでもモニタールームばかりやっているわけにもいかず、「箱」の製作を開始しました。

写真は土台の中に入れる補強板で、真ん中のくぼみは電飾した際配線を通す穴です。

23_20140906235058cae.jpg



それを土台に貼り付けます。


24_201409062351001a9.jpg







で、組立に集中してしまい、途中経過の写真がありませんが、箱仮組完成です。

箱はもともと図面を書いてあったのでスムーズでした。


今回の大きさは 縦26㎝、横40㎝、奥行22㎝


見ての通り、左右対称でもなく電池など入れるボックスも右側にあり変です。

これはこのジオラマにいろんな仕掛け(というとオーバーですが)を考えており、それをクリアーするには

この形しかなかったんです。

これから製作を進めていく過程で「なるほど!」と思っていただけるといいのですが、、、

25_20140906235120ed1.jpg


箱の大きさがわかりやすいようにHGのデルタプラスを置いてみました。

デルタだと上側結構余裕なんですが、フルUCの背が結構高いのでこれでもギリギリです。

26_20140906235122398.jpg




やはりジオラマにかかせないのがフィギュア、

いつも塗装だけですが、今回はこれもかなり加工が必要かと考えており大量に買ってきました。



写真は洗浄中なんですが、後々サフすること考えたらランナーくっつけたままでやれば良かった、、、、

いやいや加工するし!これで良かったんだ!と自分に言い聞かせています。

28.jpg


相変わらずスローですが、箱の基本は出来ましたので少しづつ進めていきたいと思います。

ではでは(*^^*)

京都旅行

京都へ家族揃ってDEPAPEPEのコンサートに行ってきました。

三十三間堂の横にある「京都国立博物館」で毎年この時期に開催されるもので今年で三回目になります。

DEPAPEPE.jpg


DEPAPEPEはデビュー前から大好きなアーティストで、自分のブログ名もここから取っています。

まぁ、マニアックなアーティストなんで、いつも好きなアーティスト誰?と聞かれて「DEPAPEPE」と答えてわかる人は

少ないです。

が、天気予報や旅番組のバックで流れまくっているので誰もが一度は聴いたことあると思います。

今もプラモ弄りの合間に気分転換にギター弾きまくっています。




敷地内にある国立博物館

幻想的な雰囲気の中での演奏、とても癒されます。

___2014082517544632c.jpg





コンサート終了後はお決まりの第一あさひへラーメンを食べに行きました。

京都駅近くのホテルに泊まって二日目は観光とoruさんに教えてもらったボークス本社へ訪問。

ボークスの前にヨドバシカメラも行ったのですが、なんでもあって羨ましい限りです。

最近はあまりプラモデルを購入することが少なくなり、それよか道具や材料がほしい自分には目の保養でした。

ボークス


撮影はできませんでしたが、ネットで高値で販売されていた「ミラージュV3」も山積みされていました。

横のガラスケース内に完成品が展示されていましたが、これはいつかチャレンジしてみたいですね。




最後は大好きな平等院鳳凰堂を訪問。

改修の途中ですが、すっかり朱色になってしまい、前の方が良かったような気が、、、

鳳凰堂


京都は年に2、3回行きますが、本当に良いところですね~。


で、UCジオラマですが、未だにモニタールームで行き詰っています、、、、、

妥協はしたくないので時間はかかるかもしれませんがじっくり製作していきたいと思います。


UC Diorama ① モニタールーム製作

ジオラマ製作スタートです。

仕事で案件が重なり毎日見積、提案書作成地獄、あわせて風邪もひいて思うように製作ができませんでしたが

少しでも時間があればチョビチョビ作業していました。



YAMATOの時もそうでしたが、どんな「ジオラマ」にするか全然方向性が決まらず、UCのコミックやDVDを

見まくった結果、いろんなドラマがあった「ネールアーガマ」内部でいくことにしました。








まずは、管制塔?モニタールーム?

正式名はわからないのでモニタールームでいきます。

0.3mmのプラバンでざっと製作してみました。

ぶっちゃけ、プラ板での箱作りは苦手です。

1_201408100202203fe.jpg







次にモニタールーム内のシート製作

プラ板、プラ棒で作っているのですが、なんせ1/144の世界、

とても小さくて目がショボショボします、、、

2_20140810020222e0c.jpg







部品が小さすぎて手で持てないため「しいたけディテ」チャレンジした時に買った工具(名前忘れた!)で挟み込み、

このままだとすべってしまうため内側に2000番のヤスリを両面テープで張り付けました。

保持力バッチリです。

3_20140810020223de2.jpg







シートの完成、

4_201408100202256ff.jpg


モニタールーム内部を製作し1/144のフィギュアとシートを置いてみました。

が、思ったよりモニタールーム内がデカ過ぎた!!!!

5_2014081002022678b.jpg




よって再作成。

上の画像と変わらないかもしれませんが、相当小さくなりました。

6_201408100202428cb.jpg




天井部分の製作、スジボリ等入れていきます。

7_201408100202445fa.jpg






これは天井の前部分にあるモニター部分です。

プラ板積層で作りました。


8_2014081002024535f.jpg





いったん、マスキングテープを使って組立

うん、今度はいい大きさになりました。

9_2014081002024785e.jpg









ヤスリで面を整えてやっと塗装です。

中央モニターは3面あって両側のモニターはインフォしか映っていないのでブルーで塗装し黒でグラデかけました。

10_201408100202480d3.jpg




操作盤にあるモニターも同じように塗装しています。

11_201408100203031ea.jpg



シートも塗装。

表面はエナメルカラーで筆塗りしています。

12_201408100203046d8.jpg




マスキングして塗り分け

13_2014081002030595e.jpg



塗装、スミイレまで完了です。

色は黒サフ後、グレーⅡを塗装してその上にグレーⅢでグラデ塗装しています。

スミイレはエナメル黒を使用。

14_20140810020307e96.jpg



組み立てる前に前面モニター中央部分を製作します。

アニメの中でも4方向からの映像がこのモニターに映っています。


せっかくなんでUCの写真を4枚ピックアップし超縮小プリントアウトし張り付けました。

15_20140810020308b94.jpg



まだ電飾していないのでテープで仮止め状態ですが、なんとか完成しました!

上の白いものが一番最初に製作したもので、こうして見るとだいぶ小さくなったんじゃないかと。


16_201408100209027da.jpg





上からチップLEDで照らしてみました。

思ったより暗いかな、、、、また、やっちまったか!!!!!

塗装とLEDの光り方を調整するのは本当に難しいです、、、、

17_20140810020903bef.jpg



気分転換にネールアーガマ内に出てくるMSを作ってみようかと、

スタークジェガン作ってみました。

結構恰好いいんだね


18_20140810020905fa8.jpg



モニタールームの大きさが確定したのでジオラマの大きさを確定していきたいと思います。

はっ?逆じゃないのと言われそうですが、このモニタールームの大きさ、取付位置がとても重要なんです。




あかん、この時点で半分眠っています、、、、、、睡魔と戦いながらブログUP、、、、

早くこいこい三連休。

HGUC ユニコーンガンダム ⑤ 完成

こんばんは。


前回更新から4日目でまた更新なんて過去には無く、ぼちぼち出せばいいものを

せっかちな性格と、ひとつひとつの内容もそんなに濃くないので分ける必要もなく一気にいきます。



◆スミイレ、デカール

箱の中はスミイレ、デカールまで終わったものです。

デカールは「UCVer.Ka用」と「NCデカールグレー1・144」を使用

40.jpg

41.jpg




◆トップコート

サイコフレームはつやあり、他は全てつや消しでコート

MGビルドでコツは覚えたので今回は安心してできました。

写真は部品の一部ですが、つや消しでコートしたらグラデがより良い感じになったような、、、、

42.jpg









◆電飾

やっと電飾です

この「5連LED」を2本埋め込んでいきます。

43.jpg



LED配置は図の赤丸部分で左右一本ずつ合計10個のLEDです。

今回のシーンは「整備中」なのでギラギラに点灯させないで間接照明のように光らせるのが理想です。



メインカメラは光ファイバーを使って光らせるのですが、なんせ内部が狭い!

配線を分岐させるなど電気の知識も無く、メインカメラ専用でLEDを付けるともう一本リードが増えてしまうので

なるべく避けたく、考えた結果10個のLEDの中からおこぼれをもらって点灯させることにしました。



腹のLEDから光源を調達することにしました(赤点線のライン)。

44.jpg




ではでは作業開始です。

上から始めるとリードが肩から出てしまうので、脚から初めて徐々に上にいきます。

リードが切れないように、テンションがかからないように、いろんな角度からじっくり見ながら組み立てていきます。

(汗ダラダラ、、、、、)

チップLED部分はホットボンドで固定、

透明のを使用したのですが、これがまた光の玉のように光ってくれて嬉しい発見でした!!

45.jpg



片足が完成

46.jpg

もう片方の脚は要領も得たので時間をかけず設置できました。





下半身まで完成(まだ先は長い、、、)

超小心者の僕は作業が終わるたび点灯して確認

47.jpg








いよいよ難関の上半身、LEDの設置と組立を同時にやるので

「あ~部品通し忘れた~!!!」となるとホットボンドを剥がすだけでなくLEDとリードの接続部分に負荷がかかるため

断線の恐れもあり、何度も組立の順序を確認しました。



まずはメインカメラの光ファイバーの取付

カメラ部分に短くカットした内径0.6mm(だったかな)の真鍮線を付けてその中に0.5mmの光ファイバーを通します

そしてファイバーは内部フレームにピンバイスで穴を開けてここに固定しちゃいます。

48.jpg



ファイバーが通っているのわかりますでしょうか

50.jpg


ここで問題が発生、

ファイバーの力で首が前にガッツリ向いてしまい顎が引けない、、、、、

下を向かせるのですが、ゆ~っくり顔を上げる感じで真っ直ぐ!!前を向いてしまう!

49.jpg

結局また頭の部分をバラして限界までファイバーを通す穴を大きくしテンションがかからないようにして無事解決。


そして腹部分にLEDをくっつけてメインカメラと腹部分両方を光らせることができました。

51.jpg





引き続き汗をかきながら、胴体を完成させ肩までLEDの取付が終わったのですが作業に夢中で写真を撮り忘れた~(泣)

実はここまで丸一日かかってしまいました。










◆完成です。

脚から出ているリードは無視してください(お願い!)

「非発動モード」

う~ん、いい感じでできてよかったです(^^)

52.jpg



武装類

写真をよく見るとビームガトリングガンの先端に付けていたパーツが、、、、

53.jpg











◆フルアーマーUCだよ

結局ビームシャベリンは横幅が広くなりゴツ過ぎたのでやめました。

これがちょうどいいです。

54.jpg






お気に入りの二枚(普通一枚だろ)

55.jpg

56.jpg











◆点灯だよ

とりあえず一枚だけ

これから「箱」の製作に入るので、またその時合わせてアップしたいと思います。

メッチャ青く光っていますが、実際は白くうっすら光っています。

57.jpg





今週末から「箱」製作に入ります。

DVD、雑誌、マンガなどから資料集めまくっています。

まだどんな形にするか、サイズも決まっておらず試行錯誤しながら進めるので次回アップがいつになるか

わかりませんが、よろしければまた遊びにきてください。


よろしくお願いします!

HGUC ユニコーンガンダム ④ 塗装

こんばんは。UCの記事は久し振りです。



毎週末出掛ける事が多くなかなか作業ができなかったのもそうですが、

部品数が多いにも関わらずグラデにもチャレンジしたためここまでかなり時間がかかってしまいました。








で、その前に、塗装中にテレビを見ながらやるわけにもいかず、もっぱら音楽聴きながらノリノリで作業しているのですが、

久し振りにCD買ってきました。






じゃん!!!

森高千里シングルコレクション3枚組

三枚目は知らない曲ばかりでしたが、懐かしい曲ばかりで感動でした~

12_201407202232046b4.jpg









で、本題

サイコフレームは非発動モードのためいろんな色を試してみました。

左から ガンメタル、フレームメタル1、ダークステンレス、ライトステンレス

相当悩みましたが、最終フレームメタル1で塗装、


外装は黒サフの上にライトステンレスを塗装して、その上にEXホワイトでグラデ塗装することにしました。

11_20140720223210bd0.jpg





サイコフレームはイメージ通り塗装できたものの、

外装の塗装に入って悲劇が始まるのでした、、、、、



まず、グラデ塗装、

小さいし、初チャレンジでこの量は多過ぎました、、、、

まぁ、逆にいくつかやっていくうちにコツをつかんできたので良かったのですが、

ひたすら低圧の細吹きでコツコツ塗装。



下の画像は4、5週目くらいでしょうか、

あまりグラデ、グラデにはしたくなかったのでここまでもってきました。

本当は淵部分にシルバーがもっと見えている感じにしたかったのですが、

グラデは難しいですね(^^;

13_20140720223206d26.jpg

ここで次の問題が、、、、、


「し、白い、白過ぎる、、、、、、」


イメージよりだいぶ白く、見た目かなり安っぽく見える

MGビルドと同じ色だったのですが、ベタとグラデでは全然違っていました。

結局、ガイアのニュートラルグレー1を買ってきて、この上に再塗装。




バランスを見るためいったん組立

グラデわからないですよね(^^;

10_20140720223209538.jpg








外装のまばらになっていた部分を修正し、部分塗装や、マスキングして塗り分け作業に入りました。

アンテナちょっと黄色過ぎたか感もありましたが、最終で調整したいと思います。

17_201407202233018f1.jpg





シールドや装甲裏側はエナメルで塗装し枠部分を綺麗に拭き取りました

16_20140720223302f5b.jpg



ようやく塗装が終了!!


次回、スミイレ、デカール貼、トップコート、電飾と進めていきたいと思います。


旅行記 箱根 7月5日~6日

タイトル通り今回は「UC」ではありません(^^;

UCは大量の部品をコツコツ、グラデ塗装中です



週末家族で箱根まで旅行に行ってきました

一日目のお昼は「そば処 暁庵」

ぶっちゃけ、箱根は結構食べ歩きしているのですが、うまいと思った事がなく

今回も期待していなかったのですが、これはうまかったです

長野の蕎麦に似ているかな


1_201407072159089d4.jpg


旅館のチェックインまで時間があったので芦ノ湖畔にある「成川美術館」へ

ここは日本画しか置いていないのですが、材料なども展示してあってとても勉強になりました




外は雨でしたが、箱根は雨がいいんです!

2_20140707215909039.jpg




チェックイン開始と同時に旅館に到着

今回のお宿は「鶴鳴館 松坂屋本店」です

歴史は300年近くあり古いのですが、またそれがいい



ロビー

3_20140707215911d6b.jpg


もう別世界にきた感じです

4_2014070721591277c.jpg


中庭

期待通り雨が降ってくれてありがたい、、、、

雨の音以外何も聞こえない、、、、

4-1.jpg


ここから部屋に向かうのですが、なんせ階段が多い

地形の関係からだそうですが、これもいい

5_2014070721592760a.jpg



6_20140707215929175.jpg


7_20140707215930474.jpg


部屋の前です。

右にかかっている絵は中曽根さんが描かれたそうです

ふんふん

8.jpg


お部屋です

古い!他メンバーは洋室、和室がセットになった部屋で古さを感じなかったのですが、この部屋はそのままという感じでした

って、部屋の写真があるのですが、荷物をどかすのを忘れていて絵にならないので廊下の写真を

10.jpg


夕飯までこの廊下でゴロゴロと本を読んでいました

完全別世界です

僕は旅行に行くとテレビや音楽はいっさいシャットアウトします

雨の音しか聞こえない、、、時間もゆっくりだ~、こんなゆっくりは久し振りです

11.jpg


部屋から見える景色は「緑」だけ

12.jpg



13.jpg



これが部屋風呂

ここはネットで温泉の評価が高かったのですが、本当に良かったです

もちろん大浴場もあったのですが、ここで十分

酒飲んで入って寝て、酒飲んで入って寝ての繰り返しでした

14.jpg


大浴場に向かう途中にある休憩所

朝ここでモーニングコーヒーが飲めました


15.jpg



大浴場までの道が、廊下、階段、廊下、階段の繰り返しです

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg



料理は少し薄味のような気がしましたが、逆に最後まで飽きることなく楽しめました

とくに魚が美味しかったです

適当に何枚か

21.jpg
22.jpg
23.jpg
24.jpg
25.jpg
26.jpg





二日目のお昼も蕎麦

箱根湯本駅の近くにある「十六夜」

これもまた汁がきりっとしていて美味しかったです

27.jpg




がっつり二日間充電しました

結局ずっと運転だったんで静岡着くころにはグッタリしてしまいましたが、

今日からまた頑張れそうです

さて、明日からまたUC再開!!



HGUC ユニコーンガンダム ③ サフ~

こんばんは。

サッカー盛り上がってますね~

もちろん、日本戦以外全く見ていません



今週末は友人から借りた韓流ドラマのDVDを流しながらプラモ弄りしています。

日本のドラマってだいたい9話~11話くらいで終わるのですが、この韓流ドラマなんと全60話!

1話が普通に一時間あるからDVD一枚見終わるだけでグッタリです、、、、、





で、HGUCユニコーンですが、

相変わらず地味~な作業が続いています。

少しずつ進めてはいるんですがね、、、、、この内容でUPしていいのか毎回迷うわけで

今回もさら~っといきます。




面出しはすべて完了し、気になった部分を修正しています

まずはシールドの裏

もろに穴があります

DSCF8824.jpg


プラバン貼り付けてスジボリしました

DSCF8827.jpg


そしてサフしたのがこれ

DSCF8828.jpg



何故「黒サフ」かというと、

サフ前に素の状態で電飾作業したのですが、プラがスケまくって綺麗に光っているのかさっぱりわからない、、、、

電飾作業のためと、徹底的な遮光が必要なため黒サフですべて塗装しました







シールドの組立

上にあるのが筆塗りを始めたころ作ったユニコーンのシールドです

自分で言うのも変ですが、酷いっすね~

でも、筆塗り第一号作品なんでちゃんと飾ってあります

2.jpg






月刊UC付録の「ビームシャベリン」を付けてみました

MGフルアーアーマー同様相当ボリュームアップします

1.jpg






全て組立



左手にビームシャベリンが付いています

思うに普通のモデラーの皆さんだとこの隙間を詰めるでしょうけど、僕にはできません

4.jpg






角度変えて撮影、

iPhoneで撮影したので画質悪いです

ん~、、、、、、、、、ボリュームありますが、ありすぎるかもしれません

とりあえずこのまま進めて「格納庫」に入れた時点で再度検討してみたいと思います


5.jpg










サフが終了したので次は「電飾」です

LEDの固定は全て塗装が完了してからなので今回はちゃんと各所に付けられるかどうかの確認です





まずは「肩」

以前にも書きましたが、今回の電飾はサイコフレームを光らせるのではなく、格納庫の中で「整備中」を

イメージしているので間接的に光ってほしいのです

DSCF8797.jpg


ゲゲーーーーーーーーーーッ

思ったより光らんぞ~!!!

遮光気合い入れすぎたか、、、、、、、、、



続いて「腹」

ここは綺麗に光ってくれました

最終脇下のサイコフレームにスリットを入れて二カ所光らせるのと、このLEDを光源として

光ファイバーをボディー内を通してメインカメラを光らせようかと思っています

DSCF8800.jpg



そして「腰」

ここも問題無し

DSCF8806.jpg



続いて「ひざ」

サイコフレーム内にちょうど良い取り付け場所がありました

DSCF8809.jpg



最後に「足首」

DSCF8817.jpg



無事予定通りLEDが付けられそうです(^^

「肩」⇒「腹」⇒「腰」⇒「ひざ」⇒「足首」としていますが、

ボディー内が狭く設置できる場所も限られているので今回は「5連チップLED」を使います

右半分、左半分で合計10個ですね



次は塗装に入りま~す


HGUC ユニコーンガンダム ②

こんばんは


フェイスを除いて長い、長い「面出し」作業が終わりました、、、、

ずっと帰りが遅く作業の時間が取れなかったのですが、少しずつでも進めようと毎日1,2個づつヤスっていました


この面出しですが、MGビルドの方がずーーーーっと楽でした。

小さいうえに表面はひどく(今頃気づいたか!)、特にサイコフレームはどれも最悪でパテで埋めるしか手段はなく

なくなくパテにチャレンジしたくらいです。


しかしながら武器関係は新規設計のせいか作業しやすくて楽しめました。


DSCF8740.jpg



で、お次の作業はスジボリのやり直しや追加をしています。


DSCF8743.jpg



同時に改修作業もしていますが、最初はこれ

ひざ裏の動力パイプの変更

DSCF8719.jpg


パイプ部分をエッチングノコで切り取り

動力パイプの太さは1.5㎜なので1mm ⇒ 1.2mm ⇒ 1.5mmと順にピンバイスで穴を開けて

コトブキヤのスプリングユニット1.5mmを差し込みました。


DSCF8722.jpg


写真って恐ろしい・・・見た目は綺麗だったのに、こんなに雑とは、、、、

ここはメッシュタイプに変えるなどもう少し検討したいと思います









で、スジボリがこれまた難しくて、なかなか進まないので先にヘッドの電飾へ





トサカ?の中に内部カメラ(風)を入れて光ファイバーで光らせることにしました

内側を少し削って平にして、外径0.5mm、内径0.3mmの真鍮パイプを差し込み、0.25mmの光ファイバーを通しました

この真鍮パイプがクセものでなかなか綺麗にカットできない、、、

どんなに切れるナイフで切っても0.3mmの穴が潰れてしまう

結局カット後、0.3mmのピンバイスで穴を開け直しました

もう!目が痛い!全っ然、見えない!!


0.8mmのピンバイスで「とさか」⇒「内部フレーム」⇒「首」と光ファイバーにテンションがかからないように穴を開けています

DSCF8725.jpg



ファイバーを通したあと、組立したのがこれ!

DSCF8737.jpg

白のライトで光らせているのでわかりにくいですが、光っているのがわかりますでしょうか

最終もう少し調整して最後にクリアプラバンで蓋をしますが、

見た感じもう一本入れられそうなので色を変えて光らせてみたいと思います。







で、今盛り上がっている「UC7」

実は今回シリーズで初めて静岡で上映されました(たぶん)

しかしながら、チケットが取れない

しかも、劇場限定のアイテムは映画チケットを買った人だけの特典となっており

僕がほしかった「HG ユニコーンメカニカルクリア」が買えない!!!

これだけはどうしてもほしい、、、

きっと今回作るジオラマにも合うはず、、、、




ぶっちゃけ多少高かったのですが、ポチりました!

ジャン!

DSCF8739.jpg

う~ん、感動!!

静岡ホビーショウ2014

待ちに待ったホビーショウ!!

※下手な日本語で(国語2)読みにくいかもしれません・・・・



今回はYAMATOジオラマ持参のため早起きし近場の駐車場の確保が必要でした。

7時に自宅を出発、半過ぎには会場近くについたものの、すでに渋滞が発生しておりツインメッセ駐車場は「満車」!!

仕方なく隣接するイトーヨーカドーの駐車場に並ぶ事にしました。



ホビーショウの開場は9時なのに駐車場OPENが「9時半」!しか~しまだ8時前・・・・どうしようか・・・

とっ、待っている間にたけぞうさんと奥さん到着。感動のご対面となりました!

電話で何度かお話しましたが、実際お会いしてブログやメール、作品のイメージ通りの方で、とても素敵でした。

おかげで待ち時間も苦にならず過ごすことができ、ついでに駐車場も30分繰上げでOPENしラッキーでした。


DSCF8502.jpg


まず一番最初に向かったのは「ジャンク品」販売コーナー

ジオラマ製作に使えるパーツが多く昨年から買っています、が、しかし、、、、、、もの凄い殺気!

オラオラ、どけどけ!状態でデパートのワゴンセール並です。

ドカッと一気に手元に寄せて品定めして、いらないものは隣の箱にブン投げてきます。

とりあえず今回はアンテナや取っ手、電源ボックスになりそうなものをチョイスしました。






メーカーブース




※ここからは個人的興味があったものを載せています。


バンダイブースはものすごい人でなかなか見れないので的を絞ってUCブースから見る事にしました。



HGUCユニコーンフルアーマーDM

撮りたかったのはユニコーンではなく手に持っている「ビームシャベリン」

本の付録に付いているもので、ただ今製作中のジオラマに使用予定につき二つ注文済みです。

DSCF8521.jpg



「劇場限定UCDMメカニカルクリアVer.」

DSCF8522.jpg
これは是非ほしい・・・


初めて見ました「HGネオジオング」

DSCF8519.jpg

んん~、でかい!迫力あります。

きっとこれ「改修しました~!!」と言う人が出てくるんだろうなぁ~

見てみたい・・・・




「MG Hi-vガンダム Ver.Ka」

DSCF8538.jpg



「RG シャア専用スゴック」

DSCF8551.jpg






ガンダムじゃないですが、「ザ・フール」

すいません・・・・・このキャラ知りません、が、なかなか格好良かったです。

DSCF8649.jpg










一般ブース




あまりにも混んでいたため酸欠状態になり、メーカーブースを脱出、隣の一般ブースへ移動。

このブースには今年こそどうしてもお会いしたい方がいました。

それは自分が「電飾」を始めるきっかけとなったどろぼうひげさんです。

このサイトに出会っていなければYAMATOもジオラマもできなかったです。

勝手に師匠と呼ばせていただいておりますが、どうしてもお礼だけは言いたかったのです。

昨年はもの凄い人でどなたがどろぼうひげさんなのかも確認できず挨拶を断念したのですが、

今回はたまたまメンバーの方と二人でいらしたのでこれはチャンス!と思いご挨拶させていただきました。



いい歳こいて舞い上がってしまい、チグハグの挨拶、、、、、、

それにもかかわらず、とても丁寧に応えていただき、名刺もいただくことができました。

写真はNGのため掲載していませんが、ずうずうしく一緒に写真も撮っていただきました(号泣、、、)

宝物にしたいと思います。

DSCF8715.jpg





一般ブースも一通り周り、あとは兄さんの到着を待つだけ

せっかくなので会場の外でたけぞうさん家族と三人でいろいろとお話させていただきました。

いや、ここぞとばかりにたけぞうさんに質問攻め!



途中たけぞうさんがカバンをゴソゴソ・・・・・・

「これ・・・」

なんと!以前ブログで見た「塗装クリップ」をプレゼントしてくれました!!!!

ハンドメイドのクリップ!大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!!


DSCF8714.jpg










三人で兄さんとの待ち合わせ場所へ移動



兄さん登場!

おおおお~、兄さんだぁ~

ご挨拶させていただき、兄さんが一緒にきたメンバーにたけさんと僕を紹介してくれました。

そして、その場でメンバーがそれぞれ持参したものを取り出しお披露目会となりました。

もの凄い作品ばかりでため息しかでません




兄さん:「Pepe、YAMATOジオラマ見せて」

こんな凄い作品の後にYAMATO出して大丈夫なのか、、、、と思いながら

蓋を外して置いたとたん 兄さんが、、、、、












DSCF8685.jpg
寝転んで写真を撮っているのが兄さんです



その後たけぞうさんの「ザクスナイパー」「ジムⅢ」をご披露と思ったら

プラス、たけぞうさんの奥さんが作ったベアッガイⅢも!!


やっと見れました

兄さんも言っていましたが写真ではどうしても伝わらない事が多く実物は違います

ほんとに凄い作品で「たけぞうスタイル」は惚れ惚れするものでした。

他のメンバーの方も「あれ、これ見た事ある!」と超有名作品となっていました。

DSCF8687.jpg

DSCF8695 (2)


奥さんのベアッガイⅢは諸事情により全てお見せる事ができませんが、

さずがたけぞうさんの奥さん!いろんなベアッガイが出ていますがアイデア満載で個性豊かな作品でした。

お二人でガンプラ製作うらやましいです!





そして!なんと今回、兄さんの作品も見ることができました!

(すいません、写真はありません)

兄さんの作品が目の前に!!!!!!

いろんな事を覚え始めた自分にはとても刺激的な作品で見ているだけで「今すぐプラモやりたい!」とテンションマックス

状態になりました。

普段ブログでやり取りさせてもらっていますが、やっぱり現物を見ながらの説明は違います。

兄さんも「ここ」「ここ」と写真では伝わらない部分を丁寧に説明してくれました。

なんか不思議です。初めての事ばかりで、聞いているだけで自分が上手くなったような感覚になりました。

「楽しめればいいんだよ!」

兄さん、いろいろと楽しいお話いただきありがとうございました!!!

またいつかお会いしたいです。

二時間近く兄さんや他のメンバーの方々とお話しさせていただきとても貴重な時間を過ごす事ができました。



たけぞうさん、奥さん一日お疲れ様でした。

また会いましょう!














そして最後にどうしてもやりたいことがあり、兄さん、たけさんにお願いしました。




Finoさんいつかお会いしましょう!!!!!!

DSCF8712_20140517210636806.jpg

左から たけぞうさん、兄さん、Pepeです








ブログに日記を書いていると嫁が

「明日何時に行く?」


「どこへ?」


「ホビーショウ」



・・・・・・・・・・・・明日もう一回行ってきます!!!


※許可をいただいていない方の顔や、車のナンバー等見て消してありますが、何か気付いた部分があれば
  ご指摘いただけるとありがたいです。即修整いたします。



HGUC ユニコーンガンダム ①

こんばんは



もう休み終わっちゃいますね~、4連休なんてあっという間だ、ほんとに・・・

まぁ、GW終われば今度は静岡ホビーショウですからね


そこで、たけぞうさんと打ち合わせしていたところ、名刺をつくるとのこと、

当日いろんな方が兄さんのところにくるらしくせっかくなのでお仲間にまぜてもらおうかと



デザインどうしようか迷っていたら嬉しい事に「できました」とたけぞうさんから写メが届きました

完全パクリですが、こんな名刺作ってみました

DSCF8430.jpg

どの写真にしょうか迷いましたが、自分にはYAMATOしかないので (しかないので迷う必要ないんですがね)

MGの表紙に使った写真をチョイスしました

当日楽しみですね~、しかし、YAMATOどうやって持っていくか・・・・・







お題の通りUCジオラマ製作始めました

まずはUCから

ジオラマまで入れると超長丁場になりそうですが、お付き合いいただけたら嬉しいです

当初と予定していたのと変更箇所があって、UCは「フルアーマー」にしました

なので仮組中に緑のサイコフレームの部品が入ってチグハグですが最終塗装するのでスルーしてください



イメージとしては・・・

激しい戦闘から帰還したUCがタクヤ考案のもとフル装備にして最終決戦に挑む、みたいな・・・・




まんまですね・・・。




要はそこを「再現」したいということです

最初から「Dモード」かよ!という突っ込みは無しで、

あくまで「整備」しているシーンなので電飾の仕方も「整備」仕様にするつもりです

電飾のイメージはRX-78 Ver.3.0の箱絵がぴったりかもしれません

(あくまで目標です)



で、仮組完了

DSCF8410.jpg

格好良いですね~

MGUCより全然いいです

もちろん今回もビルドで覚えた面出しやります



前回UCを作った時はさっさと組み立てちゃったんですが、今回は電飾するのでチップLEDを入れられる箇所、

配線を通す箇所など、確認しながら組立したのでだいぶ時間がかかりました


予定しているチップLED10個分の取付箇所はなんとか確保できそうです

が、が、光ファイバーを光らせるLEDを埋め込む場所がきつい!もう少し検討が必要です



ビームライフルをMGUCのように両手持ちさせたいのですが、持ち手がないのでビルダーズパーツのハンドを

使いました。今度はサイズもバッチリ!!

DSCF8417.jpg



武装部分の組立

DSCF8413.jpg



本体に取付

かなりボリュームあります

これを入れるジオラマはどれくらいの大きさになるんだろうか・・・・

タンク部分は何か考えたいですね

DSCF8421.jpg



で、毎回すみません、

今回の初物です

それは「合わせ目消し」

あのYAMATOですらやりませんでした

前回面出しを勉強したので合わせ目消しもできそうな気がしてきました

毎回少しずつチャレンジ項目を取り入れていきたいと思います

DSCF8432.jpg


とりあえず仮組は終わりましたので、次は面出しです

頑張ります!


MG BUILD STRIKE GUMDAM ⑦ 完成!

ビルドストライク完成です!



最初に、製作中みなさまにはたくさんのアドバイスをいただき、本当にありがとうございました。


ピンチだった塗装ではたけぞうさんに直接相談し、ドボンすることなく無事リカバリーできました。



そして、最後の難関(オーバーですいません(^^;)であるトップコート

つや消し剤を三倍位に薄めて4回に分けて吹き付けたのですが、

最初薄め液で希釈した時、こんな白いの吹き付けるんかい!ってドキドキもんで、作業しながら汗ダクダク状態でした。


白パーツでコツをつかんで青、赤、黄色と白化することなく無事終了、

また新しい世界を知った感じでとても新鮮でした。




まだまだ課題が多い作品ですが、見ていただけたら嬉しいです。

DSCF8389_2014050222303388d.jpg

デカールはツインアイ以外、付属のものを使わず主にストライクRM用(水転写)を使用、控えめに貼り付けています。

ツインアイは下地部分をつや消しブラックで塗装後、緑の部分だけシールから切り取り貼り付け

撮影時、うまくライトが当たると、目が光っているように見えるのが好きです。

メインカメラは黒塗装後にメタリックブルーを吹きつけ

DSCF8341_20140502223126c08.jpg







せっかくなのでビルドブースターも製作しました。

思ったより迫力あり格好良いです。

IMG_8204_201405022223407c3.jpg






続いてユニバースブースター

コックピットキャノピーはマスキングして塗り分けました(分けてないね)

赤のクリアーパーツはクリアレッドにクリアブラックを足して塗装

DSCF8356_20140502222341519.jpg


本体に取り付け

DSCF8367_20140502223338077.jpg

んん~、めちゃくちゃいいです。

DSCF8370_20140502223339de0.jpg

後ろ姿も迫力あります



スタービルドストライクの場合、脚の一部を交換

各所フレームのみぞ部分は塗り分けし、細かいディテールはメタリックのエナメル塗料でスミイレ

DSCF8373_2014050222334112e.jpg


ビームライフル、シールド取り付け

DSCF8361_2014050222334280b.jpg



ご覧いただきありがとうございました!


最後はFinoさんの作品見てから始めた文字入れで締め

DSCF8385_20140502222339844.jpg



次回作はすでに決まっていて「UCジオラマ」です。

もちろん電飾もやります!!

ビルドと同時進行はできませんでしたが、ビルドで学んだ事を活かす事ができそうです。

では、またお会いしましょう!!!

MG BUILD STRIKE GUMDAM ⑥スミイレ、デカール

こんばんは。

いやはや、もう夜中の2時半です。

今の今までビルドストライク作っていました。


DSCF8196.jpg


で、何故HG「Z」か、

金曜日夕方いつも行く本屋から電話があり、

「先日応募いただいた模型キャンペーン当選しましたので取りにきてください」とのこと


先月模型雑誌を買った時に付いていた「模型プレゼントキャンペーン」で応募したのをすっかり忘れていました。


RGが出ているのにHGかよ!と思いましたが、貰えるんならありがたく貰っておこうと。

スーツ姿で店員5人位レジに入っていて「プラモデル当たったんだけど・・・」と言うのに超~勇気いりました(^^;




で、ビルドに戻って

中身に行く前に今日一日の活動を振り返ってみよう



7時 起床 Finoさんのブログみて爆笑。嫁さん呼んで見せてまた爆笑。

8時 洗濯後朝食

9時~14時 塗装

14時~17時 筆塗り、スミイレ

21時~26時 デカール貼り

ほとんどビルド製作で終わり・・・・

週末はいいね~



ところで、なんでまた塗装をこんな長時間やっていたか、

実は基本塗装が終わってスミイレに入ろうかと思ったところ、


んっ??!!!

なんと、白パーツが大変な事になってるじゃないか!



今回グラデに挑戦したのですが、一層目の白が透けてサフが見えてしまっている状態

あれも、これも、ほとんどがアウト!!

一層目が薄めすぎたか~



上塗りすべきか、初ドボンすべきか、自分の中でものすごい格闘が始まりました。



営業していても、会議に出ていても頭の中は「上塗り」か「ドボン」かで頭がいっぱい

ネットで「ドボン」を検索すると悲惨な姿になったパーツの写真ばかり(号泣)



「そうだ!もう一つビルド買って塗装すればいいじゃん!」と思った一秒後

また面出ししなければならないし、何よりビルドだけじゃすまない、スターも買わなければならない。



とうとう、追い込まれた僕はたけぞうさんにHelpしました。

携帯番号、アドレスは交換済みだったので早速メール

電話で直接やりとりすることとなり初コール


そして、この困り果てたおっさんを、たけぞうさんはとても丁寧に教えてくれました。

ここぞとばかりに普段疑問に思っていることをいろいろ聞きましたが、これも丁寧に教えてくれました。

結果ドボンはやめて上塗りで再塗装、無事トラブルを解決することができました。

たけぞうさんありがとうございました!!




塗装が終わりスミイレに入る前に、また懲りずにビルダーズパーツ「ハンド」を買って比較

DSCF8181.jpg

結果、ビルドに合うハンドは1/144のLサイズでした。

自分では製作できないのでこのリアルなハンドは是非ほしい



手が開いているものはいいが、ガンの握り手は全く使い物にならない、

しかもよくよく見ると長さはいいが幅が狭い


取り付けて見たらかなりの違和感があり却下、結局は「手」の残骸だらけになってしまいました。








ここから塗り分け


フレームはダークグレーのつや消しにしました。

少しだけ凝ってみようかと脚や腕の溝部分をダークステンレスシルバーで塗装


で、マスキング

DSCF8183.jpg


お次はタミヤのチタンシルバーでスミイレ


DSCF8190.jpg


やばっ!写真だとはみ出しているのクッキリ見えますね・・・・・


赤でアクセントを付けました。

たぶん、本体に赤があるので自然な感じになるのでは な  い  か   と・・・・

まぁ、自己満足です。




夜中までかかってデカール貼り終わりました。

今回はMGストライクRM用、MGνガン用、HiQPartsの水転写デカールを使用


写真は本体だけですが、武装や背負い物もあり、かなりきつかったです。


DSCF8194.jpg




次はトップコートかぁ、



実はエアブラシでつや消しトップコートするの初めてなんです。



うまくいきますように!!!




完成までもう少し


頑張ります!



眠い・・・・・・3時半やん、、、、







MG BUILD STRIKE GUMDAM ⑤

MGビルドストライク続きでです。


ガンの保持力が弱いのでネオジウム埋め込んでみました。

お恥ずかしながらこれも初ものです。

効果バツグンですね~



あとは指と指の間にエラのようなものがあったのでカリカリ削りました。

ビルダーパーツに差し替えしようかと思い買ってきましたが全然合わないし!

フランキーか!

もしかしたらHGサイズの方が合っているかもしれませんが、買ってまた合わないとショックなので

オリジナルでいくことにしました。


DSCF8155.jpg





ビルダーパーツと一緒に購入したのがこれ

軟弱な指のせいで塗装が終わると痛い、痛い、

とうとう耐え切れずにトリガータイプを購入しました。

DSCF8168.jpg
塗装がめっちゃ楽でサフはすべてこれで吹きました。



夜中までかかって全てのパーツ塗装完了!

乾燥機大活躍でカラーまでいけました。

DSCF8164.jpg




興奮冷めず、フレームだけ組立。

DSCF8176.jpg

今回面出しで相当時間をかけましたが、今までの自分の作品と明らかに違いが出てちょっと嬉しい・・・




このままスミイレ、デカール、組立と思っていましたが、フレームを部分塗装してみようかと思っています。

早く休みこい!!


MG BUILD STRIKE GUMDAM ④面出し→洗浄

久々の更新です。


どこまで進んだか・・・・・




ぶっちゃけ全~然進んでいません!




前回更新後に娘っ子の引越が急遽決まり、物件探しやら引越手続、家財の買出し、翌週には入学式で横浜


さらに翌週末やっとじっくりできるかと思ったら嫁と娘っこダブルインフルエンザ・・・・


朝から晩まで飯の支度をしていました。


体調が悪い時はお互い様なのでこの時は料理を楽しみました。






それでも毎日ひとつ、ふたつとヤスリがけをしてなんとか全パーツ終了!!

長かった~

初めての面出し、皆さんが言っていた通り全く終わりが見えないですね。

だんだんコツをつかんでくると最初にやった部品が気になり、また最初からやり直し

ずーーーっとこの繰り返し


「見えないところはいいや」と思いつつもやはり妥協できず結局全部品手を付けました。


でも皆さんは当たり前のようにやっているんですよね~。

ほんとまだまだです。


DSCF8109.jpg


いったん組立

DSCF8121.jpg


今更ながらやるのとやらないのでは全然違うように見えるんですね。

今回もとても勉強になりました。


DSCF8128.jpg







脇腹の穴をピンバイスで掘りなおし


DSCF8143.jpg




太もものディテを削り穴を開けプラ棒を突っ込みました。

DSCF8146.jpg






今回新アイテムを二点購入

ひとつがこの超音波洗浄機

「効果バツグン!」の言葉に誘惑され購入


試してみましたが、、、

DSCF8149.jpg


・・・・あれっ

あまり・・・わからないぞ・・・



残念ながら感動するような効果は見られませんでした。

もしかしてひとつひとつヤスリがけが終わる度丁寧に歯ブラシでカスを掃っていたので効果が薄かったのかな~。



結局いつも通り洗剤を入れた水に一晩付けて翌日歯ブラシで磨きました。

やはりこちらの方が自分に合っているようです。



もうひとつがこれ

乾燥機

当初買うつもりはなかったのですが、洗浄機をポチった後

「この商品を買った人はこんなアイテムを見ています」に誘われ評価も高かったのでついでに買ってしまいました。


DSCF8153.jpg


しかし、これが期待以上のものであっという間に乾燥終了!

この後サフも吹いたのですが塗装後の乾燥にも使え超便利アイテムでした。


嫁さんには「二つ買うよ」と言いながらRGフルバーニア、もう一度作ってみたいRG RX78もポチっていましたが、、

ワンクリックで買えちゃうなんて恐ろしいボタンだ・・・




やっと少し落ち着いてきたので今週末は塗装までいきたいと思います。

当初はビルドストライクとUCを同時進行と言っていましたが、とんでもなかったです。

ビルドも簡単フィニッシュのつもりが面だしにはまってしまい、相当じっくりになってしまいました。

ここまできたのでしっかり製作していきたいと思います。


ではでは

MG BUILD STRIKE GUMDAM ③ ビルドブースター装着

こんばんは。

僕の実家は掛川(静岡県)でとても山奥です。

今日久々に帰ったのですが、花粉のせいですべてが「まっ黄色」でした。

よくコマーシャルで見る黄色い帯、普通に見る事ができます。


大学時代(大昔)春休みに自宅に帰ると親が親切にふとんをほしてくれていました~

ありがたいのですが、その夜は地獄だったのは言うまでもありませんが・・・


このへんで花粉の話は置いておいて、



ビルドブースター作ったので取り付けてみました。

この姿を今度いつ拝めるかわからないので撮影もしておきました。

完成してbefore,afterで比べられるくらいの内容であればいいのですが・・・・。



私はよく「カワセミ」を撮影に行くのですが、

今回撮影の練習もかねていろんな方法で撮ってみました。

やはり光の加減が難しいですね。

ちなみにレフ板はダンボールにアルミホイルを貼り付けて使っています。

IMG_8088.jpg
相当かっこいいです~


後ろから
IMG_8097.jpg


ちょいアップ
IMG_8092.jpg

フルパッケージも取り付けたのですが、写真撮るの忘れてしまった・・・




同じような写真ばかりでがもう一枚アップ

結構こういう写真載せておくと外に出た時iPadで見られるので

「どんな風にしようかなぁ~」と考えるのにいいです。


IMG_8087.jpg



今はどういう状況かというとバラしてひとつひとつ丁寧にヤスっています。


DSCF8108_201403220042166fd.jpg
下のものがヤスってます。

このとんがり見てとまらなくなってしまった。



いかん、簡単に済ませるんじゃなかったのか、

このペースでいつ終わるんだ、

UCはどうすんだ、

今までやった事の無い世界、はまってしまったようです・・・・。

頑張るぞ~!!


MG BUILD STRIKE GUMDAM ② 素組

こんばんは。

本日いつも塗料など購入しているモデルショップへ訪問。

そのショップの奥には大きな展示用のガラスケースが並べてあり、いろんな作品が展示してあります。

ジオラマからMSまでいろんなジャンルのものが置いてあり凄い作品ばかりです。


そのガラスケースに張り紙が


「展示希望の方はスタッフまで」



さっそく店長へ詳細を聞くと

「ガラスケースに入るサイズで、後は展示スペースが空いていれば最長3ヶ月展示が可能ですよ」とのこと

YAMATOジオラマのサイズを言うとすぐに他の店員さんがガラスケース内を測ってくれて

展示可能ということがわかりました。



電飾点灯の問題はありますが、近日中に持込したいと思います。

無事飾ることができたらレポートしたいと思います。






で、ここからガンダム


先日購入した「BuildStrike」の素組が終わりました。

まだランナー切り離しのままなのでヤスってもいません。


前から
DSCF7956.jpg

素組のままでもメチャクチャかっこいいです。



後ろから
DSCF7960.jpg


ちょい斜めから
DSCF7935.jpg


上半身アップ
DSCF7937.jpg

DSCF7954.jpg
ちょい斜めになっちゃってますね・・・・


顔アップ
DSCF7949.jpg




モデルショップへ訪問した時ついでに今週末に発売になった「Universe Booster UB-01」を買ってきました。

DSCF7980.jpg

これでスタービルドで製作することができます。


いつもMS系はバタバタ作ってしまうのですが、ゆっくりじっくり製作していきたいと思います。



告知~

YAMATOジオラマの製作期間が長かったせいで、完成後なかなか次の作品に手がつかず

道具を洗浄し直したり、ジャンクパーツを整理したりとウダウダしていました。


営業で車に乗っている時間が長いので運転しながら音楽も聴かず、スケベな事も考えず

次回作についていろいろ考えていましたが、やっと決まりました。



というよりこうして書かんといつまでもスタートしないのでいっそのこと告知してしまえと、

別に製作するのが嫌いなわけでもなく、むしろ大好きなのであとはきっかけだけ。


では告ってしまえ!!!



次回は二つ同時に製作していきたいと思います。




まずはこれ、


(すいません、普通の箱絵だけです)


何かないかとジョー○ンに行ったらガラスケースに素組だったもののこいつが飾ってあり、それがまた格好いい!!!

こちらはスジ彫り追加程度で全塗装はしますが、さくっといきたいと思います。




いや、素組で終わる可能性大かも。





もうひとつは時間をじっくりかけてやっぱりジオラマ。

今回は「UC」系です。

やっとガンダム系で製作できる。


相変わらず「格納庫」でいきますが、今度はなるべく小さいサイズにしてディテールや電飾に力をいれられるように

しようかと。

よってサイズも1/144で。



チャレンジ項目としてユニコーンにも電飾していきたいと思います。
(おいおい)



しかし、仮組しましたが、小さい・・・できんのかい・・・・・・




次の更新がいつになるかわかりませんが、ブログの上段に広告がのらない程度で頑張りたいと思います。


YAMATO 2199 ジオラマ 完成!!

いよいよ完成です!!





<YAMATO電飾から、ジオラマ製作まで>





YAMATOを作り始めたのがなんと昨年の6月16日でした。

とても長かったです。

先にYAMATOやっておいて良かったです。

このジオラマの後YAMATOのだったら間違いなく電飾していなかったと思います。




ではでは、写真をUPさせていただきます。

ストーリーが無く申し訳ございませんが、最後まで見ていただけたら嬉しいです。



まずは「地味」な箱

これが全体です。



しばらく電飾の点灯状態を確認するため壁は完全に接着していません。




今回は外まで丁寧に作りました。

縦25センチ、横25センチ、長さ50センチです。



何故地味か、それは単に展示した時、埃など掃除がしやすいからです。

ガンダムジオラマはむき出しの所があり掃除していてファイバー折っちゃった、みたいな事ありました。

今回は完璧です!

IMG_8042.jpg


で、せっかくYAMATOも電飾したので見えるように正面にゲートを製作しました。

閉じた状態、半開、全開シーンができます。

もちろん手動ですが・・・

(今回500枚近く撮影したにもかかわらず同じ角度の写真が無かったです・・・)


IMG_8039.jpg






横から、
IMG_7961.jpg

YAMATOの塗装はこだわったのでとても気に入っています。



ゲートの裏側にナンバー

倉庫っぽくなりました。

⑤DSCF7720



展望室?は弱めの緑LEDを使いました。

IMG_7769.jpg






船体をささえているのは「Hハンガー」に付いていたアームを改造。

ちなみにYAMATOに電力を供給(していることにして!)している真ん中の棒は

ガンダムRX3・0の拡張パーツセットについていたバズーカーです。

なんかいいのないか探していたところちょうどプレバンから届いたので使っちゃいました。

グッドタイミングです。

DSCF7722.jpg


後ろ側
DSCF7723.jpg



コスモゼロは筆塗り。スミイレで仕上げています。

発進ゲートを作成し設置。

③DSCF6932


他のファルコンはジオラマ前方の床下に格納庫をつくり並べました。

当初青色のLEDで光らせていましたが、見えないため白LEDに変更しました。

どっちにしろ見えないか・・・。

自己満足です。

DSCF7407_201402232253169eb.jpg






YAMATOの向こう側にコスモゼロが見えます。

普通こんなところから発進しないでしょうが、これはジオラマ。

何でもOKです。

IMG_7900.jpg



床の誘導灯も0.5mmのファイバーで光らせています。
IMG_7895.jpg



監視室です。

モニターは透明プラ版にYAMATOの説明書を縮小コピーし貼り付けてタガネでYAMATOを手書き。

透明プラ板側面に青色LEDを付けることで傷付いたところだけ光ります。

ちょっと大きいですかね。

まぁ、大型モニターということで(^^;

④IMG_7876

IMG_7871.jpg





少し上から撮影

中身の全体図がわかるかと思います。
IMG_7894.jpg







ご覧いただきありがとうございました!!


①①表紙


いやいや、ほんとうに長かったです。

いったいどれくらいのプラ棒、板を使ったかなぁ~。

でも完成するととても嬉しいですよね。

せっかくなのでMGにも投稿したいと思います。




次はガンダム系でいくかなぁ~。

いや、まず休憩します!







YAMATO 2199 ジオラマ ⑦

ゲート続きです。


カラーは内装のグレーⅤから一段階下げたグレーⅣで塗装。

何色にしようか相当迷いましたが同じ系統で塗装したのでバランスよくできて良かったです。

そして、初のグラデ塗装。

なかなか面白いですね。

次回作ではグラデやろうと思っていたので良い練習になりました。



ジオラマにセット

DSCF7610.jpg



0.1mmのプラ版を切り出しナンバー「01」を塗装。

あとHハンガーに付いていたシールを使ってみました。

あくまでシンプルにです。

DSCF7688.jpg







これは先週末にやったのですが、遮光やファイバー、LEDの光漏れのため内装はすべて「黒」に塗装。

まだ屋根部分は塗装していませんがすべて黒に塗ります。

前回ガンダムジオラマは外装部分が雑だったので光が漏れまくり、暗闇で要塞のように光っていました。

DSCF7631.jpg








ここでボツネタ。

週中は大きな作業がなかなかできないので小物作成です。

余ったH型プラ棒と1mmプラ棒で柱を作りました。

全部で8本、1mmのプラ棒を13mm単位で152本切断しコツコツとピンセットで組み立てていきます。

慣れるととても早いです。

DSCF7635.jpg


で、ジオラマにセット。って・・・・・

ダメ!!!!全然合わない!!

セットして数秒で撤去!

せっかく時間かけて作ったので次回作へ持ち込みます。

イメージとはほど遠かったです・・・(泣)

DSCF7652.jpg





<<YAMATO>>


外装の箱も無事完成し、YAMATOへ戻ってきました~。



まずは「波動砲」、電飾はしたもののなにせ眩しい。

正面から写真撮ろうものなら光りすぎてうまく撮影できません。


普通に考えればハンガー内で波動砲が光っているのもどうかと思いますが、これはジオラマ。

ちゃんと光らせたいですよね。





まずは全開状態。

写真だといい感じですが実物は結構眩しいです。

DSCF7693.jpg


で、使うアイテムがこれ

DSCF7694.jpg


LEDの光調整ができるアイテムでLEDとスイッチの間に通します。

電気系詳しい方なら簡単に光調整できる仕組みを作っちゃうと思いますが、僕は素人。

便利アイテムを使わせてもらいます。

DSCF7697.jpg



ダイヤルみたいなものを回すと弱くなりました。

写真だとあまり変わらないですね。









YAMATOジオラマへセット


そして細かい調整も終わり、やっとYAMATOをジオラマにセットしました。

で、完成しました~!!!!

ここまでホント長かった~。




とりあえず一枚撮ったのでUP。



せっかく完成したのでしっかり撮影し改めてUPしたいと思います。

MGにも投稿しようかと思っていますが何ヶ月振りだろうか。



DSCF7707.jpg


早ければ明日UPしますのでよろしければ見てください。

よろしくお願いいたします。





YAMATO 2199 ジオラマ ⑥

こんばんは。


今週浜松の取引先へ訪問。

いつもブログを見てくれている部長様より

「ファイバーだけど、テープじゃなくてあれで固定すればいいじゃん」と言われました。


そのあれとは、


「熱収縮チューブ」


100℃以上の熱を加えると50パーセント縮むというすぐれもののチューブです。

もしかして知らなかったのは僕だけ??

DSCF7574.jpg



世の中こんな便利な物があったとは・・・・。

早速ホームセンターにいったがメートル単位でしか売っていない。

しかも、どのサイズが合うかわからない。

アマゾンで確認したところいろんな種類が入って1,000円弱。

早速注文しました。

幸い在庫があり翌日には配送されてきたので週末テストしてみました。

さすがにぶっつけ本番で本体でやるのは怖いので余ったファイバーでテスト。







ファイバーをまとめ断面をカッターで切り揃えます。

DSCF7569.jpg





「熱収縮チューブ」を通し内径3mmのアルミパイプへ差し込みます。

DSCF7571.jpg




ファイバー、パイプ両側にかかるようにチューブをセットしドライヤーで熱すると、、、、

「おおおーーー、縮む、縮む!!」

写真のように綺麗に固定されました。

ゴムでは無いので緩む事もなくしっかり固定されています。

実は後から気付いたのですが、ドライヤーを当てすぎて下のカッターマットまで変形してしまいました。


DSCF7573.jpg

何度かテストしコツがつかめたので本体にあった3個すべてチューブで固定しました。

こんな良いアイテムがあったなんて。

部長~、ありがとうございます!

感謝、感謝です。





ここからジオラマです。



今回一部改修いたしました。

床に通した透明プラ棒にチップLEDをつけて光らせていたのですが、

取り付け方が雑だったのかどんどん暗くなっていきました。

ジオラマの中で重要な要素なのでほっとくわけにもいかず、全部剥がしてやり直すことに。



写真の通りLEDに近い奥側はよく光っていますが、先端に行くにしたがって光が弱くなっています。

当初設置した時に瞬着を付けすぎたせいか、プラ棒に傷がつき光が吸収されてしまっていました。

DSCF7541.jpg



慎重に剥がし新しいプラ棒を取り付け、「L型プラ棒」で作ったガードを一枚一枚丁寧に付けていきました。

左側が改修後です。


右側と全然違います。

DSCF7544.jpg


両側やり直して撮影。

今度はバッチリです。

DSCF7553.jpg



次に外装の製作。


一回り大きい箱を作り覆います。

シンプルだし、汚い配線も隠す事ができました。

各所に補強のための柱(?)も入れたので強度もバッチリです。

まあ、家から持ち出す事は無いでしょうからこの位で十分です。




そのまま全部覆ってしまうのは面白くないので正面に「ゲート」を作ることにしました。

DSCF7522.jpg



ゲートは電動ではないですが(当たり前か)、閉じた状態と半開、全開シーンができるように

プラ板と棒で扉の製作。

0.25mm、0.5mmのタガネを使ってスジ彫り。

塗装はまだですが、きっと完成したら半開から見えるYAMATOがいい感じで見えるのではないかと期待しています。




この扉は本体の右側の壁を外した時に差込で取替えできるようにしました。

DSCF7515.jpg



こんな感じです。

DSCF7523.jpg






以前、静岡にあるホビースクエアで「ジオラマ展」をやっていたのですが、

その中でとてもインパクトのある作品がありました。


それは会場の中にぽつんと置いてあり、見た目はスクエアの箱なんです。

でも一箇所だけ穴が開いており、その穴を覗くとなんと「居酒屋」の店内でした。

とても精巧に作られていて、覗くだけでその世界に飛んだ気分になりました。

あまりにも衝撃的でしばらく見とれてしまいました。



仕事が終わって家に帰り、YAMATOジオラマのスイッチオン。

酒飲みながら眺める、一瞬でも別世界へ連れて行ってくれる。

そんなジオラマにしたいと思います。

(すいません、ちょっと変ですかね(^^;)

YAMATO 2199 ジオラマ ⑤

皆さん、こんばんは。



普段の日はなかなか更新できないので今日もUP。

YAMATOジオラマの現状です。



昨日ファイバー取付作業を行いましたので点灯させてみました。

ファイバーの先端はまだ切取作業をしていないのでそのままです。


毎回同じような写真で申し訳ございませんが、よろしければ見てください。



DSCF7410.jpg




あれ、どこが変わったかって?

ですよね~

地味ーーーーーに変わっています。

昨日も書きましたがYAMATOも電飾しているのでドックのファイバーは控えめです。


DSCF7410.jpg



少し暗くして撮影してみました。

ライトがいい感じです。

いい感じというのは「粗」が見えにくいからです。


DSCF7418.jpg


今回ジャンク品をけっこう使用しましたが、戦車の部品が多いです。

たまたまYoutubeでタミヤを見ていたらちゃんとこの部品を使って戦車作ってるじゃないですか!

それが正規なんで当たり前なのですが、とても感動してしまいました。


DSCF7432.jpg


最後はお気に入りの天井部分です。

DSCF7433.jpg

次は箱の外部分の製作です。

また塗料代がかかるなぁ~

YAMATO 2199 ジオラマ ④

こんばんは。


やはり普段は忙しく、帰りも遅く作業する気にならないです。

久し振りにゆっくり過ごせる週末となり昼過ぎから作業に入りました。



ジオラマの前に・・・


余談ですが、やはりジオラマ製作で電飾までとなるとコストがかかる。

趣味の資金は趣味で調達できたらいいなぁ~と思い、コストをかけずに何か作って

ヤフオクに出品しようと考えました。



これまで製作したガンプラも考えましたが、皆さんとても凄く私の作品ではとても出品できるレベルではない。

他、いろんな思いもあり別途手作り満載の作品を出す事にしました。



使う部品はこれ



DSCF7213.jpg


そうペットボトルのキャップです。

こいつに両面テープを貼り付け100均で買ってきた毛糸を巻きつけます。

後はボンボンとリボンくっつけて完成。

まぁ、ケーキですね。

DSCF7221.jpg


いろんな色で作ってこれを箱に入れてちょっとした壁掛けを作ろうかと思います。

DSCF7225.jpg





スーーーーーーーーーパーーーーーーーーーーーー余談でした。

ごめんなさい。





では、ジオラマの続きです。

いよいよ光ファイバーの埋め込み作業です。

ガンダムジオラマの時は結構派手に付けましたが、

今回YAMATOも電飾しているのでこちらは控え目にします。

DSCF7350.jpg


と言いながら結局40本近く埋めました。

DSCF7355.jpg


テスト用のLEDで点灯チェック。

今回これくらい地味でいいかも。




床にも埋め込みます。

DSCF7356.jpg





チェックです。

まだ最終処理をしていないのでプラ表面から2mmくらい光ファイバーの先端が飛び出しています。

DSCF7361.jpg



ここから箱の裏側作業です。

光ファイバーをまとめる作業ですが、これが結構大変。

後々まとめやすいように僕は細いストロー(黒いやつ)を3cmくらいに切って通してまとめています。

あとあとファイバーが追加になっても修正しやすいし、クリップではさんでも傷が付きません。

DSCF7368.jpg


久し振りの更新なのでいろいろ書きたいのですが、

今回は電飾方法について書きたいと思います。


かと言って特別何か難しい事していません。


光ファイバーは「エスカ」を利用、

ハンズとかでも売っていますが、僕がよく使う 0.5mmは店頭に置いてある事がすくなく

ネットで注文しています。


かなりの長さが入っているので一度買えばかなりもちます。

DSCF7439.jpg



ファイバーを点灯させるのにLEDを付けなければなりません。

ホームセンターにちょうど内径が3mmというアルミパイプが売っています。

これをカッターでゴロゴロころがしながら切断します。

長さは2.5cm~3cm位でちょうどいいと思います。

ちなみに写真は2.5cmです。

カッターの歯ボロボロです。


DSCF7372.jpg


切り口が汚いのでヤスリで削ります。

一番左が作業後のものです。

DSCF7374.jpg


これに3mmのLED球を真っ直ぐに取り付けます。

結構個体差があるのでゆるい場合はLED球の周りにテープを巻きつけ調整します。

後でわかりやすいように色の頭文字を書いてあります。

DSCF7377.jpg


後はビニールテープで固定。

固定方法はいろいろあると思いますが、僕は本体取り付け時にしっかり固定するのでビニテだけです。

DSCF7378.jpg


完成です。

後はまとめたファイバーを束ねて反対側に突っ込み固定します。

・・・・・って書きながらファイバー束ねた写真を撮り忘れている事に気付きました(汗)

ごめんなさい。

ファイバーの断面は綺麗に切るとか、揃えた方がいいとか、いろいろありますが、

僕は結構いい加減でバラバラです。

全部アルミパイプの中に入っていればいい、位のレベルです。

実際パイプの中で十分光をひろい、光かたのバラつきもなく綺麗に点灯しています。

ファイバーを始めた頃はナイフの刃を新しいものに替えたり、束ねた表面を綺麗に揃えたりしていました。

DSCF7380.jpg






裏側全景です。

すごい事になっています。

ファイバーやLEDが天井、床、背面などいろんなところからきてるのでまとめるのが大変です。

完成させながら綺麗にしていきたいと思います。

もっと電気関係詳しければ効率良くできるんだろうなぁ~。

DSCF7436.jpg



変な余談もあり、長くなったので「ほぼ」完成した内装の写真は次回にしたいと思います。



とりあえず前回見えなかった床下のコスモファルコン格納庫。

LED球を青から白に変えましたのではっきり見えるようになりました~。

DSCF7407.jpg


ではまた。

YAMATO 2199 ジオラマ ③

こんばんは。

YAMATOジオラマですが、光ファイバー埋め込み作業に入ろうかと思いましたが、

これをやってしまうと後々修正が面倒になってしまうため、再度全体を見直しする事としました。



携帯で撮った写真を見ていてずっと気になっていた箇所で、

やはり妥協はいかん!と思い、二箇所とも修正することに、




まずはこの赤丸部分のキャリア、

ハンガー内でどうやってYAMATOを持ち上げ(風に)、しかも移動ができる(風に)にするか。

写真の通り当初は両側からHハンガーに付いていたハンドで持ち上げていました。

ハンド部分を改造してYAMATOに合うように加工、安定感はバツグン。

※写真は加工前

DSCF6774_20140201233254686.jpg

これは結構初期段階で製作したのですが、

ずーーーーーっとダサいと思っていたものの、代わりが考えられずそのまま放置、

今回良い案が浮かんだので早速製作

使ったのはプラ板、棒、ジャンクパーツ。

DSCF7275.jpg


引き続きHハンガーのハンドは利用、ただし、前後一本ずつ、

真ん中に結束バンドで作ったレールもどきを通してあったのでその上を動く(風に)ように設置。

相当すっきりしました。

DSCF7277.jpg







さて、次の問題が左側壁についた「ライト」、これがでかい。

YAMATOが大きいのにこのライトの大きさははどうかと思い、思い切って壊しました。

DSCF7245 (2)







がーーー、しかし、

どういったものがいいのか~、決まらない・・・・・・・・・・・・・・・


先日届いたS.I.C新仮面ライダー1号を見ながら検討。

昔からS.I.Cシリーズ好きなんだよね~

それはまぁ、置いておいて、

DSCF7292.jpg





プラ板、棒を切り出し、

・・・・・結局同じような形になってしまいます。

DSCF7287.jpg



組み立てて~

DSCF7290.jpg



塗装後、中にミラーテープを貼って反射するように。

DSCF7298.jpg


仮組して点灯テスト。

僕は点灯テストを一作業毎実施。


以前、他の模型で点灯させるのは最後のお楽しみと設置時以降一回もテストせず、

完成後一切付かなかったというとんでもないオチがあり、

それ以降、テストは細かく実施しています。

DSCF7304.jpg


三個完成。

真ん中に光っている光ファイアーは最終カットするのでそのまま放置、

瞬接で固定しているものの、本体設置時など作業中にすぽっ!と抜けてしまう可能性があるので少し余裕を持って

通してあります。

固定後にチョーーーーーっと残してカット。

DSCF7316.jpg


本体へ設置、

当初のものよりだいぶ良くなったと思います。


DSCF7329.jpg



設置物はだいぶ落ち着いてきたので、ラインデカールやタンクなど備品?を付け始めました。

DSCF7333.jpg






最後、これが現状の姿。

白LEDだけ点灯。

DSCF7346.jpg



今日ははさすがにこの二つでパワーが無くなってしまったので光ファイバーは明日か来週末かな。

今週は火曜日以降インフで休んでいたためクビにならんよう来週相当気合入れんと!!!!


ではまた。

GUNDAM ジオラマ

こんにちは~。


私、インフルエンザにかかってしまいました~。

月曜日夜から調子が悪くなり翌朝病院に行ったら即効アウト!

ついでに会社も5日間出勤禁止となりました。


丸一日38度以上の熱と戦い、今37度ちょいまで下がったんですが、

ずーーーーっと38度でいたので37度が平熱に思えてきますね。


まだ節々が痛いが、さすがに寝ているのも飽きたし、

かといってプラモさわるパワーもまだ無いし、とブログ巡回していました。


自分のブログを更新したいが最新ネタが無い・・・・・。

せっかく時間もあるし、ブログ引越しも中途半端だったので過去物を載せることにしました。



またかよ~と思われちゃうかもしれませんが、前回となるべく違う写真を使ってUPしたいと思います。



ではでは


基礎ベースはWAVEのHハンガーを利用。

通路やMSCAGEはプラ板、棒で製作。

DSCF0122.jpg


トラス状の柱は初めて作ったのですが、これが結構地味作業。

手間ですが結構はまってしまいました。

DSCF0125.jpg


RG MK-Ⅱを設置。

この頃はまだ素組派で最後にトップコートを吹いて良しとしていた時代でした。


DSCF0155.jpg



白と黒があったりで全体のイメージがつかめず、ここで一旦全塗装。

DSCF0142.jpg


ここから電飾作業です。

まずは照明、MS配置場所などスポットで当たるように設置。

あと在庫であったデカールを付けていきました。

本当はユニコーン系のMSを置きたかったのですが高さが足りず断念。

ガンダムファンからするとマーキングとMSが合ってないんじゃないのと言われそうでしたが、

ここは見た目重視ということでお許しいただければと思います。

DSCF0302.jpg


次に光ファイバーを付けていきます。

色毎に分けてLED球に取付。

すんごい光ですね!現物はそうでもないのですが写真を撮るとかなりまぶしく見えます。

このジオラマは太さ1mmの光ファイバーしか使わなかったため、裏側でまとめるのも大変な作業となってしまい

反省点です。

DSCF0315.jpg


次にビルダーズパーツのフィギュアをセット。

便利ですよね~。ジオラマ製作を決定付けたアイテムでもあります。

DSCF6398.jpg

自分で言うのも変ですが、写真で撮ると本物っぽく見えますよね。

会社の同僚が遊びに来たときも携帯カメラで撮って遊んでいました。


DSCF6402.jpg


何故真ん中に赤いポインターが並んでいるか、

当初ここにカタパルトデッキを付ける予定でした。

一旦取り付けたものの、全体で見たらこれがまた「狭っ!!」となり即効ボツとなりました。

DSCF6404.jpg


完成。MSを設置。

せっせと製作したRG Mk-Ⅱを並べてみました。

今思えばちゃんとフル塗装したものを置きたかったですね。

DSCF6405.jpg


DSCF6412.jpg


DSCF6423.jpg


全塗装(だけど筆塗り)デビューのZを置いて。

IMG_6073.jpg


最後に一番お気に入りの写真で。

IMG_6085.jpg

YAMATO 2199 ジオラマ ②

こんばんは。

YAMATOジオラマ編です。
以前のブログでも紹介しておりましたが、
ブログの引越がなかなか手間!
それに時間かけるなら改めてUPした方が良いと思い写真を選びなおしてUPです。


まずは土台を作成
横50CM、高さ、奥行25CMと、うちにあるコレクションボックスの上に置ける大きさにしました。

DSCF6711.jpg


続いて屋根部分、
「トラス」が好きなのでいろんなものを参考に作成、
ここだけでかなりのプラ棒を使いました。

DSCF6715.jpg




天井と壁をセット。
実はこれ第一案、プラ板でブロックを作り壁に付けましたがしっくりこない。
数日眺めていましたがやはり、気に入らないのでボツとしました。

しまった、宇宙ステーションをイメージして背面に穴を開けてしまった!
今更どうしようもないのでこれはこれでいくことにしました。

DSCF6723.jpg




結局側面もトラス状の柱を付けることにしプラ棒を使って大量に作成。

DSCF6750.jpg


屋根に付けてみました。

DSCF6759.jpg


ちょこまか小物を付けながら組み立てていきます。

DSCF6783.jpg


次に「管制塔」
部屋の置くに沖田艦長の写真を貼ってみました。
ぜ~んぜん見えませんけどね。

DSCF6862.jpg


管制塔にはLRDで光る大型パネルを取り付け・・・・嘘です。これ以上小さくできなかっただけです。
透明プラに傷を付けて端にLEDを付けることで光らせています。
天井には光ファイバーを22本埋め込みました。

DSCF6860.jpg


だんだん全体イメージがつけにくくなってきたので一旦ここで塗装。
ガイヤノーツのグレーⅤで塗装。
とんでもない塗料の量で近所にあるプラモ屋に置いてある在庫を買い占めていました。

本体に設置、
いい感じで光っています。
屋根の真ん中に5mmのLEDを5個設置、
YAMATOの艦橋にスポットで光があたるように設置しました。

DSCF6877.jpg


が、しかし!思ったより暗い・・・
屋根に追加で二列チップLEDを設置することに。
ライトの傘はバーニアを使いました。

DSCF6902.jpg


コスモゼロはどうしようかほかっておきましたが、どこかに設置したい。
結局トンネルを作り発進しているようにしました。
しかし、これまた小さい!気合で筆塗りしスミイレ。

DSCF6922.jpg


まだ暗い!!
結局側面に可動式ライトを設置(可動しませんが・・・)


まだまだ途中ですが、現在の状況です。
これから光ファイバーの設置や細かい部分を修正していきたいと思います。

今回ディテール部分はジャンク品を使っています。
毎年静岡で開催されるホビーショウに行くのですが、あるブースでジャンク品が売っています。
毎回そこにはありえない人が集まりジャンク品を買っています。
その様子を見て「それ買ってどうすんの~」と思っていましたが、
ジオラマを始めた瞬間!朝早く並んで我先にと買い占めています。
自分がジャンク品を選んでいると横を通ったカップルとかが「これ何に使うの~」とか言っているだよね。
大反省です!!もう二度と言いません!!!思いません!!!
ジャンク品はありがたいです。
今年も買いまくります!


DSCF7245.jpg





おまけで、ガンプラに燃え始めた頃筆塗りで作成したHGUCバンシィを置いてみた。
スポットで光が当たってくれています。
壁のライトも効果ありました。

DSCF7252.jpg


今日こそ光ファイバー付けるぞ!と思っていましたが、
今週は出張が多く疲れで寝て一日が終わってしまいました。
ブログUPで今日が終わる・・・・

よし!来週こそやるぞ~!!!

YAMATO 2199 1/1000 電飾

今回は電飾です。

まずは艦橋から。第一、二艦橋、艦長室をひとつのLEDで光らせたいので中をトンネルのようにくりぬきました。

写真ではうまく光っているように見えますが、艦橋の両隅が光らず真ん中だけ光ってしまったため艦橋に付けるクリアパーツの両端にアルミテープを貼って反射させています。

艦長室から第一環境は太い光ファイバーでつなげました。

これでLEDひとつで光らせることができました。


DSCF6440.jpg


次に「主砲」です。

結構細いですがなんとしても光らせたい。

0.5mmのピンバイスでゆっくりじっくり穴を開けます。

これが9本、思ったより作業が進み失敗することはなかったです。が、さすがに副砲までやろうとは思いませんでした。

DSCF6442.jpg



穴が開いたところに0.25mmの光ファイバーを通します。

おお、綺麗に光りました!


DSCF6444.jpg




続いて「展望室」

これが一番やっかいで、穴を開けたのはいいが、これに付けるクリアー素材が見つからない。

厚めの透明プラ板やセロファンなどいろいろ試しましたが、駄目。

最終薄めのクリアープラ板をヤスリでこすり曇らせ貼り付けました。

DSCF6548.jpg



「八連装ミサイル発射塔」

すべての窓に1mmの光ファイバーを通しましたが明るすぎ!

発射塔自体を箱にして光らせた方が簡単でした・・・・

・・・今更引き返せない、なぜならファイバーをすべて瞬間接着剤で止めてしまったからだ。

DSCF6565.jpg


あちこち光るようファイバーを通して色ごとにまとめLEDチップを付けていきます。

次の難関が上と下をくっつける作業。


少しずつ調整しながら合体させていきます。

全部で60本近い光ファイバーがあり全部本体に収まるのかドキドキでした。

DSCF6580.jpg


合体が終わったところで全部光るかどうか確認です。

無事光っています。

ちょっと達成感あり。

DSCF6587.jpg


で、完成です!!

どうでもいい話ですが、私は電気に詳しくないです。

でも今は便利なものがあって素人でも簡単に電飾することができます。

私がよく利用するのは「マイクラフト」というサイトです。

昔Nゲージに少し手を出したことがありその時に知り結構利用しています。

Nゲージの話をすると超~長くなりそうなのでYAMATOに戻します。

DSCF6678.jpg



配線は後で綺麗にまとめるとして適当に何枚か。

DSCF6602.jpg


DSCF6604.jpg


DSCF6666.jpg

DSCF6669.jpg


これで合わせ目消しやパテをうまく使えたら最高なんですが、

それは今後の課題として勉強していきたいと思います。


引越し大変ですが、過去作見るのもいいですね。



次回はガンダム系いきます。

YAMATO 2199 1/1000 製作

YAMATO2199 1/1000です。

パーツ切り離し後、ヤスリがけをし食器用洗剤を入れた水の中で3時間ほど付けておきます。

流水でよく流した後、一日かけて乾燥させました。

1200番サフをふいてペーパーで磨きます。

磨いたあとガイアノーツ「EX-ブラック」を外装だけでなく電飾するので中もしっかり塗装です。


DSCF6474.jpg



次に「ライトステンレスシルバー」

DSCF6486.jpg




次に「ガンメタル」で影になる部分やモールド、淵にを塗ります。

DSCF6508.jpg

ちょっと太すぎたかな・・・・



次に「スターブライトアイアン」をガンメタルの内側に塗ります。

DSCF6529.jpg

いかん、ガンメタルが・・・



次に「ダークステンレスシルバー」をスターブライトアイアンとガンメタの間に吹き付けバランスを整えます。

と、いいながらこだわりすぎて何がなんだかわからなくなってしましました・・・

DSCF6531.jpg





船底は途中まで同じでクリアーレッドとクリアーブラウン少々混ぜたものを塗りました。

DSCF6535.jpg


ご覧の通り合わせ目消し当はやっておりません。

真ん中に丸い穴があるのは電飾の配線を通すものです。

今回「格納庫」まで作るので配線をどこからやろうか迷い、結局船底を選びました。


スミイレ、トップコート後組立し完成です!


といいながらトップコート後は電飾作業をしたので組立は相当時間がかかりました。


後ろに見える配線は無視してください。

合わせ目は置いておいて自分好みの色に仕上がったと思います。

もっと銀でも良かったかなぁ~。



DSCF6650.jpg


DSCF6644.jpg


使い慣れないパテも使いましたが撮影でうまくごまかせました。


次回は「電飾」です。

引越しました。

以前使っていたブログの使い勝手が悪くこちらへ引っ越してまいりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

MG
最新記事
プロフィール

Pepe

Author:Pepe
Pepeと申します。ジオラマ製作が好きで超不定期にブログ更新しています。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。