スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMATO 2199 1/1000 電飾

今回は電飾です。

まずは艦橋から。第一、二艦橋、艦長室をひとつのLEDで光らせたいので中をトンネルのようにくりぬきました。

写真ではうまく光っているように見えますが、艦橋の両隅が光らず真ん中だけ光ってしまったため艦橋に付けるクリアパーツの両端にアルミテープを貼って反射させています。

艦長室から第一環境は太い光ファイバーでつなげました。

これでLEDひとつで光らせることができました。


DSCF6440.jpg


次に「主砲」です。

結構細いですがなんとしても光らせたい。

0.5mmのピンバイスでゆっくりじっくり穴を開けます。

これが9本、思ったより作業が進み失敗することはなかったです。が、さすがに副砲までやろうとは思いませんでした。

DSCF6442.jpg



穴が開いたところに0.25mmの光ファイバーを通します。

おお、綺麗に光りました!


DSCF6444.jpg




続いて「展望室」

これが一番やっかいで、穴を開けたのはいいが、これに付けるクリアー素材が見つからない。

厚めの透明プラ板やセロファンなどいろいろ試しましたが、駄目。

最終薄めのクリアープラ板をヤスリでこすり曇らせ貼り付けました。

DSCF6548.jpg



「八連装ミサイル発射塔」

すべての窓に1mmの光ファイバーを通しましたが明るすぎ!

発射塔自体を箱にして光らせた方が簡単でした・・・・

・・・今更引き返せない、なぜならファイバーをすべて瞬間接着剤で止めてしまったからだ。

DSCF6565.jpg


あちこち光るようファイバーを通して色ごとにまとめLEDチップを付けていきます。

次の難関が上と下をくっつける作業。


少しずつ調整しながら合体させていきます。

全部で60本近い光ファイバーがあり全部本体に収まるのかドキドキでした。

DSCF6580.jpg


合体が終わったところで全部光るかどうか確認です。

無事光っています。

ちょっと達成感あり。

DSCF6587.jpg


で、完成です!!

どうでもいい話ですが、私は電気に詳しくないです。

でも今は便利なものがあって素人でも簡単に電飾することができます。

私がよく利用するのは「マイクラフト」というサイトです。

昔Nゲージに少し手を出したことがありその時に知り結構利用しています。

Nゲージの話をすると超~長くなりそうなのでYAMATOに戻します。

DSCF6678.jpg



配線は後で綺麗にまとめるとして適当に何枚か。

DSCF6602.jpg


DSCF6604.jpg


DSCF6666.jpg

DSCF6669.jpg


これで合わせ目消しやパテをうまく使えたら最高なんですが、

それは今後の課題として勉強していきたいと思います。


引越し大変ですが、過去作見るのもいいですね。



次回はガンダム系いきます。
スポンサーサイト

YAMATO 2199 1/1000 製作

YAMATO2199 1/1000です。

パーツ切り離し後、ヤスリがけをし食器用洗剤を入れた水の中で3時間ほど付けておきます。

流水でよく流した後、一日かけて乾燥させました。

1200番サフをふいてペーパーで磨きます。

磨いたあとガイアノーツ「EX-ブラック」を外装だけでなく電飾するので中もしっかり塗装です。


DSCF6474.jpg



次に「ライトステンレスシルバー」

DSCF6486.jpg




次に「ガンメタル」で影になる部分やモールド、淵にを塗ります。

DSCF6508.jpg

ちょっと太すぎたかな・・・・



次に「スターブライトアイアン」をガンメタルの内側に塗ります。

DSCF6529.jpg

いかん、ガンメタルが・・・



次に「ダークステンレスシルバー」をスターブライトアイアンとガンメタの間に吹き付けバランスを整えます。

と、いいながらこだわりすぎて何がなんだかわからなくなってしましました・・・

DSCF6531.jpg





船底は途中まで同じでクリアーレッドとクリアーブラウン少々混ぜたものを塗りました。

DSCF6535.jpg


ご覧の通り合わせ目消し当はやっておりません。

真ん中に丸い穴があるのは電飾の配線を通すものです。

今回「格納庫」まで作るので配線をどこからやろうか迷い、結局船底を選びました。


スミイレ、トップコート後組立し完成です!


といいながらトップコート後は電飾作業をしたので組立は相当時間がかかりました。


後ろに見える配線は無視してください。

合わせ目は置いておいて自分好みの色に仕上がったと思います。

もっと銀でも良かったかなぁ~。



DSCF6650.jpg


DSCF6644.jpg


使い慣れないパテも使いましたが撮影でうまくごまかせました。


次回は「電飾」です。
最新記事
プロフィール

Pepe

Author:Pepe
Pepeと申します。ジオラマ製作が好きで超不定期にブログ更新しています。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。