スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UC Diorama ⑮ 管制塔側壁

北海道は一気に寒くなってきました。


今週は水曜日から二泊三日で「北見」という札幌から300キロ離れたところへ出張していたのですが、


札幌に戻る前日夜中、まさか雪が降るなんて想像もしていなかったです。


こりゃ、帰り道困った、、、、


タイヤもノーマルタイヤのため積雪1cmだろうと慣れていない自分にはアウト!


峠道を避けるため仕方がなく遠回りして帰ってきたので二泊三日の総走行距離は680キロでした。










「UCジオラマ」ですが、これまでひとつの作業が終わる度にブログUPしていたのですが、


今回神様が全然おりてこない、、、、


前回から一ヶ月経つ事もあり途中経過ですがUPする事にしました。





今回作っているのは管制塔がある壁


この壁には通路を作る事にしたのですが資料を見ると何故か斜めの部分があります。


何故斜めの所があるのか考えてもしょうがないのでとりあえずチャレンジしてみます。




とりあえずこんな感じで進めます。

1_20161008205630222.jpg





前にガンダムジオラマ作った時は何も考えず細長い箱作ってくっつけただけですが、


今回は面を整えたり、スジ彫り、枠組みなどやる事が多い。


1/144フィギュアを置いて高さをみたりなど結構時間がかかりました。


2_2016100820563209e.jpg




資料見ながら枠も付けて完成です。


3_20161008205633afa.jpg






斜めの部分もあると結構リアル感が出ていい感じですが、やはり斜めカットは苦手です。


4_20161008205635921.jpg


別角度から。


5_201610082056362a2.jpg








ジオラマが完成した時覗き込むとこの通路の中も見えてしまいます。


6_201610082056485eb.jpg




よって中も作る事にしました。


塗装の時ラインでも入れればいい感じになるのではないでしょうか。


7_2016100820565029c.jpg





せっかく中も作ったのでもう少しリアルにしてみようかと思います。






この部分は資料には無いのでオリジナル部分です。





ぶっつけ本番は怖いのでまずはテスト。


等間隔でプラ板を貼り付けたものにラピーテープを貼ったもので蓋をします。


中には光が均等にいくようにソフトプラ棒を入れます。


8_20161008205651072.jpg





LEDくっつけてこれを通路の裏から貼り付けるとよく暗い通路にある間接照明みたいになります。


通路には全てこれを取り付けようと思います。


9_201610082056534ba.jpg













そんなこんなで細かい作業を続けておりましたが、本日注文しておいたメインライトのLEDが


届きました!


早速試してみたくなり取り付けてみました。


10_201610082056555a7.jpg



これまで作業を進めていてLED3mmで本当に大丈夫なのか気になっていましたが大丈夫そうです。


シャッターも段差に影ができて立体感が出て良かったです。



ライトの傘はバーニアを加工しております。


薄々加工、ヤスって、穴あけが全部で16個、指の皮がむけてしまいました、、、、、





部屋の電気を全部消して(嫁怒り、、、、)LEDだけで照らしています。


11_201610082057015df.jpg


壁が白いので光が乱反射して全体が明るくなり管制塔のライトが点いているにもかかわらず


全くインパクトがありません。


壁は濃いグレーで塗装するので印象はガラッと変わるのではないでしょうか。



まだ先は長いぜ~!!!




スポンサーサイト

UC Diorama ⑭ シャッター

長い、長い苦しみからやっと解放されました!


今年2月から会社でプロジェクトチームに参加しており8月末でやっと卒業しました。


毎月東京への出張と合わせて道内の出張もあって夏休みも取ることができず身体も大変でした。


無事卒業しジオラマ製作再開です。









今回は画面奥にあるシャッターです。


これ普通のシャッターではなく光っています(赤マル部分)。


IMG_7709.png



そしてこの下画像のシャッターは中央部分の横が光っているし!


段差もあるじゃないか!


シャッターもいろいろあるようですが今回は上の画面のシャッターを作る事にしました。


IMG_7719.png












今回は同じような写真がずっと続きます。


後でこんな風に作ったんだなぁ~とわかるように細かくのせていきたいと思います。










図面


今回はやる前から地味な作業がずっと続くと覚悟しておりましたが、


まずは段差をつけるために穴あけが必要です。


最初はこの複雑な形で切り取り、穴あけ後に再度並べて貼ろうかと思いましたが


綺麗に仕上がらないと判断し「穴あけ」と「スジ彫り」で進める事にしました。


IMG_0254.jpg



穴あけが全部で70個!もう泣きました、、、、、


プラバン1mmとはいえ細かい穴をあけていくのはキツい!



穴あけが終わったら0.5mmのタガネで板が切れないようにギリギリまでメインのスジ彫りをして


そのメインラインの上下に0.125mmのタガネでスジを入れています。


(と、書きながら写真見ると入れる前のかな、、、、)


IMG_0451.jpg



穴あけ、スジ彫りが終わったら面を整えます。


穴はガタガタですが後の作業で解決できます。


IMG_0497.jpg




次に段差を付けるために裏にプラ板を貼り付け。


IMG_0501.jpg




裏板の貼り付け方はいつもと同じように複数の穴をあけて流し込み接着剤を使用。


電飾するところは空けておきます。


IMG_0503.jpg





次に穴のまわりに0.5mmのプラ棒を貼り付けていくのですが長定規をあてながらやることで


ガタガタだった穴を整える事ができます。


IMG_0511.jpg




ひとつの穴に付けるプラ棒が4本なんで280本切り出し貼り付けました、、、、、


貼り付け完了です。


IMG_0545.jpg




ただ貼り付けた棒の高さが0.5mmだと高すぎるのでヤスって高さの調整が必要です。


これだけの数を全て同じ高さにするため0.3mmのプラ板を置いてからヤスりました。


IMG_0546.jpg




外枠も作って完成です。


ほんと地味な作業でしたが穴の大きさもバッチリ揃っています。


IMG_0548.jpg








続いて電飾です。


この縦に並んだ穴を全て光るようにしなければならないのですが


細長い箱を作って中にラピーテープを貼って上から3mmLED球を差し込んで光らせています。


が、右の棒は上側は光っていますが下側に光がちゃんと届いていないため光り方にムラがあります。



最終案の左は同じく細長い箱を作っているのですが中に「ソフトプラ棒」を入れています。


これだと下まで光り方にムラがなく綺麗に光っています。


IMG_0552.jpg




同じものを6本作りました。


IMG_0555.jpg







ここまでで一度組立


まだここまでか、、、、、、、


IMG_0556.jpg




先ほどの光る箱をそれぞれに取り付けてテスト。


穴は全て綺麗に光っていますがしっかり遮光処理しないと大変な事になりそうです。


IMG_0561.jpg



現在は左側の壁の制作に入っていますが


この壁もまたいろいろとクリアしなければならない課題が山積みですが引き続き頑張ります!!




UC Diorama ⑬ 簡易ハンガー 完成

約一か月ぶりの更新です。


三週間くらい全く作業ができない時もあり相当イライラしていましたが、


なんとか「簡易ハンガー」が完成いたしました。




この「簡易ハンガー」はUCジオラマを制作し始めた時から作るつもりでした。

a.jpg


MSハンガーはドッグ内に置いて整備するためのハンガーと壁から出てくるものの二種類あり


壁から出てくるものは緊急修理などする時に使うものだと考え「簡易ハンガー」としました。


しかしながらコミックやDVDを何回見てもあまり詳しくのってい資料がなく、、、、、


もう雰囲気で作るしかないかと、、、






図面を描いたのが4月12日なんで完成まで三ヶ月以上経過していたなんて、、、、


数々の難関があり結局この図面通りの構造にはなりませんでした。

b.jpg





ひとつひとつプラ板から切り出して穴開けたり、削ったりと懐かしい絵になってしまった。


c.jpg







切出して組立た部品はこれだけになりました。


d.jpg




ドッグ全体の「壁」の色はまだ悩んでおり塗装できないのですが、


このハンガーは普段は中にあるので後々影響も出ないと思い塗装する事にしました。


メカメカしく見えるように主にメタリック系を使って塗装。


毎度無くす色見本を再度作って組み合わせを検討。


e.jpg






本体は右の壁にボックスを作成しラピーテープを貼って乱反射させ全体が光るようにしました。


f.jpg




暗い中でチェック


全体を照らすのは成功ですが色分けしたのが全然わからない!!!!!!!!


g.jpg


あまりのショックでFinoさんにLINEしてしまいました。












次に人が歩く「橋」の部分です。


グラデ塗装して白いラインは塗り分けしデカールを貼りました。


長い手すりはプラ棒、曲がった手すりは大型ホチキスの芯を曲げてメタルプライマー(だっけ?)


吹き付け後、黒→メタリック塗装しています。


自分はボンドをベタ塗りしてしまうのではみ出ないように強度も考えゼリー上の瞬着をつまようじで


塗って組立しました。


h.jpg




内部メカの組立。

i.jpg









本体の中に収納するとこんな感じです。


j.jpg











早速ジオラマにセット。


まだ壁部分の部品としっかり接着していないので蓋がちょっと浮いていますが綺麗におさまりました。


k.jpg







ここからニョキニョキと出てきます(手動ですが)


l.jpg






完全に出した状態。


m.jpg








ここから橋の一部が横に転回します(手動ですが)。


n.jpg


o.jpg







電飾しているので中もしっかり見えます。


きっと完成した時は良い感じで光ってくれるんじゃないかと思います。


最終的によりリアルに見えるようにBOX内に光ファイバーをいくつか仕込みます。


p.jpg








試しにMS置いてみました。


高さも問題なさそうです。


q.jpg



ここまで無事できて良かったですが、自分には本当にハードルが高い作業でした。


いろいろ勉強にはなりましたがもうこの部分は作りたくないです、、、、、




さて、次は「シャッター」の制作に入るのですがこいつもいろいろ難関があり


苦労しそうですが頑張ります!



UC Diorama ⑫ 簡易ハンガー

こんにちは。


毎月一回の東京出張と北海道内を車で走り回っております。


今週一週間で走った距離は1,200キロ!


調べたら東京~福岡間走っているんですね~


それでも時間がある時はちゃんとプラ板、プラ棒と格闘しております。



本当は今週末塗装してUPするつもりだったのですがあいにくの雨とイベントの関係で


できませんでした。


とうとう広告も出てしまったし、ここまでで一度UPする事にしました。



まずは「新兵器」


プラ材加工にノギスは本当に便利な道具なのですがいちいちメモリを読むのが面倒、


リンクいただいている「かさ兄さん」のブログを見て「デジタルノギス」の購入を決意


本当にこれいいです!格段に作業効率がUPしました!


かさ兄さんありがとうございました。


IMG_9629.jpg






簡易ハンガーですが、前回はここまででした。


IMG_9265.jpg


これ、ハンガーを出すと中の壁が少し見えてしまいます。


あまり目立たない部分かもしれませんが覗き込んだ時に壁が平らでは味気ないので


こんなん作っていました。


IMG_9439.jpg


これ結構初期段階で作っていたもので時間の経過とともに見ていると物足りなくなってきました。


せっかくなので一から作る事にしました。



FullSizeRender.jpg


だいぶ立体感が出たと思います。


ところが、次の課題がでてきました。


ここまで作ると今度は見せたくなってくる。


見せるには電飾が必要なのですがどこにLEDを付けたらいいのか、、、、、


箱の中にはいくつか仕切りがあるので上から照らせば真ん中や下が見えない、


横に付ければLEDをいくつも付けなければならない、、、






悩んだ結果、絶対見えない反対側の壁にボックスを作って光らせる事にしました。


IMG_9627.jpg


塗装後にラピーテープを貼って横から3mmのLEDを突っ込んで乱反射するようにします。



テスト


IMG_9622.jpg


ラピーテープを貼っていないので光にムラがありますが奥までちゃんと見えています。





他の部品も付けてみました。


問題なさそうです。


IMG_9626.jpg






他の部品も仕上げていきます。


もう抜き作業細かくて大変です、、、、


IMG_9628.jpg




抜いた部分もやすり掛けをするのでプラ板に紙やすりを貼り付けて1mm幅で切り出しました。


IMG_9404.jpg











今回はもうひとつ、


簡易ハンガーが付く壁ですがだんだんうねってきました。


たぶん接着剤のつけすぎです、、、、


この壁は0.5mmのプラ板二枚を貼り合わせて段差を付けています。




悩んだ結果こちらも作り直しすることにしました。


が、同じやり方をやってはまた同じ結果になってしまう、、、


行き詰ったのでたけぞうさんへHELPメールを送りました。


IMG_9670.jpg



こちらからの相談にも関わらずたけぞうさんはすぐ電話してきてくれました。


問題は無事解決!本当にありがとうございました!



まずは貼り付けるプラ板を切り出します。


今回下の板に上の部分を貼り付けます。


IMG_9671.jpg




貼り付ける 板に等間隔で穴をあけ、貼り付け箇所に合わせたあと


「流し込み接着剤」で付けていきます。


流し込み接着剤もいろいろ出ているようで、これもたけぞうさんお勧め「速乾タイプ」を


使いました。


IMG_9678.jpg



全くムラなく綺麗に張り付けることができました。


たけぞうさん、本当にありがとうございました!


IMG_9679.jpg


こんなペースで進めておりますが引き続き頑張ります!!







UC Diorama ⑩ 天井~ライト

こんばんは。

昨年末から発症していた「湿疹」も季節が変わったせいかだいぶ落ち着いてきました。

人間夜寝て朝まで起きないで寝られるのがこんなに幸福なんだなと改めておもいました。







ジオラマも少しづつですが進めております。

今回もフルスクラッチのため図面を書いてプラ板の切り出し作業、組み立て、

図面通り作成しても納得いかず再度図面、切り出し、組立とこんな感じで進めているのでなかなか進みません。

時間はかかりますがこれまで作成したジオラマより良いものができそうな感じです。


ブログももう少し作業を進めてからアップしようかと思いましたが、途中経過も載せておいたほうが後々見た時

面白いかなと思い地味なものばかりですがアップすることにしました。



今回は天井とジオラマ内部を照らすメイン照明部分です。

天井には格納庫からハッチへMSを運ぶ穴があります。


テレビ画面を撮影したので汚いですが、、、、、

IMG_0633.jpg



プラ板を均等に貼り付けていったのですが枚数は116枚、

こちらは組立、塗装後に電飾するのですが、パネル一枚につき穴4個開けてファイバー通す作業が大変そうです。

IMG_8869.jpg










こちらは照明部分です。

まずは切出作業。

以前と違うのは照明の角度を変えられるものにしました。

IMG_9039.jpg







組立途中がこちら、

稼働部分はこれまでたまっていたポリキャップ(でしたっけ?)を仕込み3ミリプラ棒で軸を作成

上下に動くようにしました。

IMG_9065.jpg



組立たのがこちらです。

これを天井両側に付けるので全部で16個のLED球が必要となります。

ライトの傘部分はモデリングサポートの「バーニア」を使う予定ですがまだ3ミリ球にするか5ミリ球にするか未定のため

とりあえずこれで一旦終了です。

IMG_9066.jpg



ついでにライト部分の角度を変えたものです。

IMG_9067.jpg





一度全体像を見るために「箱」を組み立ててみました。

作成した天井裏のパネル、照明を取付。

(ちょうど穴からテレビに映った人が見えちゃっていますね、、、、、)

IMG_9099_20160508004619a8a.jpg



全体図です。

IMG_9098.jpg













簡易ハンガー



右側の壁にある穴が気になるので次はここを制作します。

ここには壁から出てくる簡易ハンガーがあります。

絵の赤マル部分です。

IMG_9140.png


これもいろんな資料を見たのですが、一段のものや二段といろいろありました。

とりあえずコミック版を参考に二段のものをつくっていこうかと思います。






まずは図面

これは壁の「裏側」になります。

真ん中の横に書いた青いラインは通路部分。

以前制作した通路部分からつながって裏側にずっとのびています。



ここで問題があり、図面の通りこの「簡易ハンガー」結構長さがあり通路を横切ってしまいます。

いろいろ考えた結果、通路は三分割して三つのシーンを再現しようかと思います。

IMG_9111.jpg


次回はこの「簡易ハンガー」編です。
最新記事
プロフィール

Pepe

Author:Pepe
Pepeと申します。ジオラマ製作が好きで超不定期にブログ更新しています。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。