スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UC Diorama ⑭ シャッター

長い、長い苦しみからやっと解放されました!


今年2月から会社でプロジェクトチームに参加しており8月末でやっと卒業しました。


毎月東京への出張と合わせて道内の出張もあって夏休みも取ることができず身体も大変でした。


無事卒業しジオラマ製作再開です。









今回は画面奥にあるシャッターです。


これ普通のシャッターではなく光っています(赤マル部分)。


IMG_7709.png



そしてこの下画像のシャッターは中央部分の横が光っているし!


段差もあるじゃないか!


シャッターもいろいろあるようですが今回は上の画面のシャッターを作る事にしました。


IMG_7719.png












今回は同じような写真がずっと続きます。


後でこんな風に作ったんだなぁ~とわかるように細かくのせていきたいと思います。










図面


今回はやる前から地味な作業がずっと続くと覚悟しておりましたが、


まずは段差をつけるために穴あけが必要です。


最初はこの複雑な形で切り取り、穴あけ後に再度並べて貼ろうかと思いましたが


綺麗に仕上がらないと判断し「穴あけ」と「スジ彫り」で進める事にしました。


IMG_0254.jpg



穴あけが全部で70個!もう泣きました、、、、、


プラバン1mmとはいえ細かい穴をあけていくのはキツい!



穴あけが終わったら0.5mmのタガネで板が切れないようにギリギリまでメインのスジ彫りをして


そのメインラインの上下に0.125mmのタガネでスジを入れています。


(と、書きながら写真見ると入れる前のかな、、、、)


IMG_0451.jpg



穴あけ、スジ彫りが終わったら面を整えます。


穴はガタガタですが後の作業で解決できます。


IMG_0497.jpg




次に段差を付けるために裏にプラ板を貼り付け。


IMG_0501.jpg




裏板の貼り付け方はいつもと同じように複数の穴をあけて流し込み接着剤を使用。


電飾するところは空けておきます。


IMG_0503.jpg





次に穴のまわりに0.5mmのプラ棒を貼り付けていくのですが長定規をあてながらやることで


ガタガタだった穴を整える事ができます。


IMG_0511.jpg




ひとつの穴に付けるプラ棒が4本なんで280本切り出し貼り付けました、、、、、


貼り付け完了です。


IMG_0545.jpg




ただ貼り付けた棒の高さが0.5mmだと高すぎるのでヤスって高さの調整が必要です。


これだけの数を全て同じ高さにするため0.3mmのプラ板を置いてからヤスりました。


IMG_0546.jpg




外枠も作って完成です。


ほんと地味な作業でしたが穴の大きさもバッチリ揃っています。


IMG_0548.jpg








続いて電飾です。


この縦に並んだ穴を全て光るようにしなければならないのですが


細長い箱を作って中にラピーテープを貼って上から3mmLED球を差し込んで光らせています。


が、右の棒は上側は光っていますが下側に光がちゃんと届いていないため光り方にムラがあります。



最終案の左は同じく細長い箱を作っているのですが中に「ソフトプラ棒」を入れています。


これだと下まで光り方にムラがなく綺麗に光っています。


IMG_0552.jpg




同じものを6本作りました。


IMG_0555.jpg







ここまでで一度組立


まだここまでか、、、、、、、


IMG_0556.jpg




先ほどの光る箱をそれぞれに取り付けてテスト。


穴は全て綺麗に光っていますがしっかり遮光処理しないと大変な事になりそうです。


IMG_0561.jpg



現在は左側の壁の制作に入っていますが


この壁もまたいろいろとクリアしなければならない課題が山積みですが引き続き頑張ります!!




スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

Pepe

Author:Pepe
Pepeと申します。ジオラマ製作が好きで超不定期にブログ更新しています。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。