スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMATO 2199 ジオラマ ④

こんばんは。


やはり普段は忙しく、帰りも遅く作業する気にならないです。

久し振りにゆっくり過ごせる週末となり昼過ぎから作業に入りました。



ジオラマの前に・・・


余談ですが、やはりジオラマ製作で電飾までとなるとコストがかかる。

趣味の資金は趣味で調達できたらいいなぁ~と思い、コストをかけずに何か作って

ヤフオクに出品しようと考えました。



これまで製作したガンプラも考えましたが、皆さんとても凄く私の作品ではとても出品できるレベルではない。

他、いろんな思いもあり別途手作り満載の作品を出す事にしました。



使う部品はこれ



DSCF7213.jpg


そうペットボトルのキャップです。

こいつに両面テープを貼り付け100均で買ってきた毛糸を巻きつけます。

後はボンボンとリボンくっつけて完成。

まぁ、ケーキですね。

DSCF7221.jpg


いろんな色で作ってこれを箱に入れてちょっとした壁掛けを作ろうかと思います。

DSCF7225.jpg





スーーーーーーーーーパーーーーーーーーーーーー余談でした。

ごめんなさい。





では、ジオラマの続きです。

いよいよ光ファイバーの埋め込み作業です。

ガンダムジオラマの時は結構派手に付けましたが、

今回YAMATOも電飾しているのでこちらは控え目にします。

DSCF7350.jpg


と言いながら結局40本近く埋めました。

DSCF7355.jpg


テスト用のLEDで点灯チェック。

今回これくらい地味でいいかも。




床にも埋め込みます。

DSCF7356.jpg





チェックです。

まだ最終処理をしていないのでプラ表面から2mmくらい光ファイバーの先端が飛び出しています。

DSCF7361.jpg



ここから箱の裏側作業です。

光ファイバーをまとめる作業ですが、これが結構大変。

後々まとめやすいように僕は細いストロー(黒いやつ)を3cmくらいに切って通してまとめています。

あとあとファイバーが追加になっても修正しやすいし、クリップではさんでも傷が付きません。

DSCF7368.jpg


久し振りの更新なのでいろいろ書きたいのですが、

今回は電飾方法について書きたいと思います。


かと言って特別何か難しい事していません。


光ファイバーは「エスカ」を利用、

ハンズとかでも売っていますが、僕がよく使う 0.5mmは店頭に置いてある事がすくなく

ネットで注文しています。


かなりの長さが入っているので一度買えばかなりもちます。

DSCF7439.jpg



ファイバーを点灯させるのにLEDを付けなければなりません。

ホームセンターにちょうど内径が3mmというアルミパイプが売っています。

これをカッターでゴロゴロころがしながら切断します。

長さは2.5cm~3cm位でちょうどいいと思います。

ちなみに写真は2.5cmです。

カッターの歯ボロボロです。


DSCF7372.jpg


切り口が汚いのでヤスリで削ります。

一番左が作業後のものです。

DSCF7374.jpg


これに3mmのLED球を真っ直ぐに取り付けます。

結構個体差があるのでゆるい場合はLED球の周りにテープを巻きつけ調整します。

後でわかりやすいように色の頭文字を書いてあります。

DSCF7377.jpg


後はビニールテープで固定。

固定方法はいろいろあると思いますが、僕は本体取り付け時にしっかり固定するのでビニテだけです。

DSCF7378.jpg


完成です。

後はまとめたファイバーを束ねて反対側に突っ込み固定します。

・・・・・って書きながらファイバー束ねた写真を撮り忘れている事に気付きました(汗)

ごめんなさい。

ファイバーの断面は綺麗に切るとか、揃えた方がいいとか、いろいろありますが、

僕は結構いい加減でバラバラです。

全部アルミパイプの中に入っていればいい、位のレベルです。

実際パイプの中で十分光をひろい、光かたのバラつきもなく綺麗に点灯しています。

ファイバーを始めた頃はナイフの刃を新しいものに替えたり、束ねた表面を綺麗に揃えたりしていました。

DSCF7380.jpg






裏側全景です。

すごい事になっています。

ファイバーやLEDが天井、床、背面などいろんなところからきてるのでまとめるのが大変です。

完成させながら綺麗にしていきたいと思います。

もっと電気関係詳しければ効率良くできるんだろうなぁ~。

DSCF7436.jpg



変な余談もあり、長くなったので「ほぼ」完成した内装の写真は次回にしたいと思います。



とりあえず前回見えなかった床下のコスモファルコン格納庫。

LED球を青から白に変えましたのではっきり見えるようになりました~。

DSCF7407.jpg


ではまた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うんっ!やっぱPepeさん凄いわっ‼︎

電気に詳しくないとか言いながら…そのチャレンジ精神に惚れます(*^_^*)

で…コレってけっこう根気のいる作業ですね(;^_^A

なんかνガンのファンネルで根を上げてるのが恥ずかしくなってきましたσ(^_^;)

完成が楽しみです!

頑張って下さい(*^_^*)

追伸)
ペットボトルのキャップでケーキって…Pepeさんってば相変わらず多芸ですね(*^_^*)

ちなみにFinoはペットボトルのキャップはエレベーターのボタンを押せなくするアイテムって認識してました(o^^o)

No title

なるほど!

いつか電飾をと考えてる自分には、物凄く参考になります
これ点灯じょうたいで裏から見ると、めっちゃ光ってる状態なんでしょうか?

No title

こんいちは!
やはりあれだけの電飾を点灯させると裏は線でいっぱいになるんですね(^_^;)

そして裏に付いている白と黒い箱は・・・?
黒は電池ボックスかな??
白い箱は何でしょ???

しかし意外に簡単そうに見えて、へぇ~そうなんだ~なんて思いました(^o^)

No title

Finoさん、コメントありがとうございました。

光ファイバー埋め込み作業ですが、思ったより時間がかかりました。
今回0.5mmを使用したのと物が大きいので正直大変でした~。
でも苦労した分、光らせた時の感動はでかいです。

Finoさんの丁寧な作業に比べたら僕は本当に大雑把ですよ。
でもブログを見ているうちにテクニックや作業など勉強させていただき相当成長したと思っています。
ありがとうございます。

外装は何にも手を付けていないので完成はまだまだ先になりそうです(泣)
負けずに頑張りますね。

ペットボトルキャップの新しい使い方を知りました!(爆笑)
マンションのエレベーター乗る度思い出し笑いしてます。

No title

ガンプランナーさん、コメントありがとうございます。

少しでも参考になって良かったです。
質問ですが、最後の写真の部分ですか?それとも全体でしょうか。
どちらにしても箱から一切光が漏れないように処理しています。

・裏側を真っ黒に塗装する。
・隙間を埋める

など、工程が終わる度部屋を真っ暗にして点灯し光漏れのチェックをしています。

No title

たけぞうさん、コメントありがとうございます。

結構丁寧にまとめているつもりですが、結局まとめきれず配線だらけになってしまいました。
まぁ、完成したら見えないからいいやと思っています(^^;

裏側に付いている黒い箱は電池BOX、白い箱はLEDにつなぐコネクターの箱です。
ひとつの白い箱から16本LEDがつなげられる線が付いており同時点灯が可能です。
で、今回は二つ使用しています。
ご参考にリンク貼っておきますね。
→マイクラフト
http://www.my-craft.jp
最新記事
プロフィール

Pepe

Author:Pepe
Pepeと申します。ジオラマ製作が好きで超不定期にブログ更新しています。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。