スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UC Diorama ⑨ 天井編

最近体がボロボロで困っています。

四十肩に合わせ全身「湿疹」が出てしまい夜かゆくて痛くて眠れない

合わせて仕事も忙しく帰りも遅い

かゆみと戦いながら長距離運転したり資料作ったりと最悪

耐えられないので病院に行ったら

「マイナスの世界から20度オーバーの部屋のギャップ、プラス自律神経失調症です」だって

去年はなんともなかったのにこいつは困った、、、、、、

かゆみは薬で抑えてあとは適度に気分転換も必要ですね。





1月は札幌モーターショーが開催されました。

静岡にいる時はわざわざ新幹線に乗ってビッグサイト(だっけ?)に見に行っていましたが

札幌でも開催してくれるのはありがたい。

IMG_8399.jpg

いろいろ写真を撮ったのですがほとんど一般ピーポーの顔が写ってしまっているので消すのが面倒。

ビックサイトより新車を近くで見れたのは良かったです。

が!コンパニオンが全然いない!




残念!









1月最終金曜日は東京で会議があったのでそのまま宿泊し翌日数年振りに「ダイバーシティ東京」に行ってきました。

立像ガンダムですがなんか一段と汚れていて「味」が出ていました。

ちなみにこの角度から撮る写真がリアルに見えてお気に入りです。

IMG_8441.jpg





実は時間が無くて滞在できる時間は30分程度

朝一並んでオープンと同時に入場

ほぼ貸し切り状態でした。

IMG_8444.jpg



DOME-Gの360度映像はどこかのおっちゃんと二人きりで見たのですが、

思わずワナワナしてしまう衝撃的な映像でした。

自分が唯一見れた映像は新型MSの紹介で「Zガンダム3号機」と「デルタガンダム弐号機」だったのですが、

そんなMSよりも後ろに写っているドッグ内の映像がとても格好良くて惚れ惚れするものでした。

「あ~、自分もこんな風に作りたい、、、、、、」

本当に良いものを見ました!!!!






ガンプラ展示コーナーも貸し切り!

IMG_8447.jpg




時間が無いのでそそくさとグッズコーナーへ

すでに購入するのは決まっていたので迷わず手に取りレジで会計を済ませダッシュで台場駅に向かうのでした。

買ったのはこの二点

IMG_8462.jpg









他の用事も済ませ羽田へ

ところが、、、、「機体の重要な部品交換が発生したため機体交換となりました」というアナウンス。

変わりの機体は僕でも知っている「ボーイング787」

国内線で乗れるのはANAだけらしくとてもラッキー!

本当に美しい機体で特に翼が素晴らしい!

しょっちゅう飛行機に乗っているにもかかわらず何枚も写真を撮ってしまいました。

IMG_8458.jpg

いい感じで宇宙飛んでいるみたいです。












札幌に戻って休む事なく早速フェネクスを組立

こいつはいつか塗装するということで放置プレー

IMG_8466.jpg
















ではここから「UCジオラマ」

壁をちょこまか製作していたのですがなかなか良い案が浮かばず、、、、デザインも出てこない、、、、、

うだうだ考えてもしょうがないのでひらめいたものから製作することにしました。



穴だらけですが天井です。

天井には上と下のドック内を移動するためや、カタパルトデッキへの移動など複数の穴があります。

シャッターが開閉するものやそのまま穴だけ開いたものもあります。


IMG_8470.jpg




今回はシャッターを製作

設定どおり開いたり閉じたりできるものにしました。

(裏側は汚いです、、、、)

IMG_8504.jpg



スライドにより全開にする事ができます。

シャッター全開時中が見えるのでこちらも作っていこうと思います。

IMG_8506.jpg



重厚なシャッターはギザギザにカット

IMG_8508.jpg







引き続き天井部分の製作になります。

今回は以上です。




いや、本当にかい~の!!!

UC Diorama ⑧ ~壁編 (艦橋)~

気温がマイナス1度とめちゃ寒いのですが空気が澄んでいてライトアップがとても綺麗

普段は地下を歩いて駅に向かうのですが金曜日夜はやはり気分が良いので外を歩きたくなる。

来月には「雪まつり」が始まるのでとても楽しみです。



しかし、北海道にきてもう一年、

時が経つのがとても早く感じます。

IMG_8369.jpg

IMG_8370.jpg











それではUCジオラマ

今回は「壁 艦橋側」になります。



デザインはこんな感じになりました。

IMG_8350.jpg

最終はMSが大きく見えるようにもう少し細かいディテを加えていこうと思います。



壁には「誘導灯」なのかどうかわかりませんがいくつか光ったラインがあります。

穴を開けやすいようにここだけ薄くしてあります。

IMG_8377.jpg


薄くなった部分の幅に合わせて細長い箱を作って中に緑のラピーテープを貼りつけます。

一番上に3ミリLEDがはまるように穴を開けちょっと斜めに差し込み乱反射させるように取り付けます。

箱は23センチと長いですが幅は6ミリしかないので3ミリLEDで十分光ります。

IMG_8382.jpg

箱を透明プラ板で蓋をして壁の裏側に取付ました。

透明プラ板はやすって曇らせようかと思いましたが「傷」が光を拾ってしまい一番下まで光が届かないためそのまま取付ました。

IMG_8384.jpg
















いったん仮組。

壁の補強はまだいろいろ検討しており先にガチガチに固めてしまうと後々変更した時にやりにくくなりそうなのでこのままいきます。

「通路」と「艦橋」が初めてつながりました!感動!!!!

IMG_8380.jpg









壁の裏側は黒で塗装ししっかり「遮光」、表側はとりあえずサフをふいてディテの具合など確認しました。







再度組立。

IMG_8388.jpg










部屋の電気を消してジオラマのLEDだけで撮影。

IMG_8394.jpg


IMG_8396.jpg


やっぱりMSちゃんと作りこまないと厳しそう、、、、、、

次は「壁編 モニタールーム側」です。

UC Diorama ⑦ ~箱編~

やっと更新できました!今年もよろしくお願いいたします。




12月26日~1月2日まで静岡に帰省しておりました。

やはり住み慣れたところはいいですね~

結局行った日から帰るまで飲み会やイベントやらでずっとバタバタ状態でした。

友人宅では北海道では食べられない「生桜エビ」や静岡の有名餃子店のものを何種類も用意してくれたりと

至れり尽くせりでした。

本当にありがたいです。













久々のUCジオラマですが、当初MSハンガー製作予定でしたが、これがまた進まない、、、、、

何度かチャレンジしているうちに年末となりました。

年始早々悩むのも嫌なのでとりあえず箱から製作することにしました。



まずは静岡で切り出したプラ板を組み立てしておさらい。

ついでにマスキングテープでこれまで作った「モニタールーム」や「艦橋」を付けユニコーンGを置いてみました。

IMG_8203.jpg



ついでにリディが艦橋に出たシーンを再現

IMG_8211.jpg


本当はデルタプラスがもっと艦橋の前なのですがモニタールームがあり奥に置くしかない、、、、




なんか、、、、

「小せぇ~な!!!」

見ていてかなり窮屈というかモニタールームが思った以上に場所を取るのでMSが活かせない





とりあえずもう一度考えるか、、、、、、、と、



そんなこんなで私は今日も吹雪の中営業に行くのでした!!!

IMG_8243.jpg











さぁ~、待ちに待った三連休!

今回はとことんジオラマ製作に時間を使いました。



まずは大型化に伴い大きさを決めていきます。

適当にMSを並べて寸法を決めていきます。

IMG_8251.jpg

これだけ置ければ見た目もかなり良くなるのではないでしょうか。





あのシーンも再現できそうです。

IMG_8252.jpg


結局大きさは横40.5cm×奥行35cm×高さ30cmとなりました。





さぁ、ここから「地味」な絵が続きます!!!!


まずは図面から

製作する面は全部で5面、結局DVDやコミックを見ながら描いたのでこれだけで二日も使ってしまいました。

毎度言っていますが「完璧」は無理ですができるだけ近づけたい。

一番困難なのは「寸法」で、出来たと思っても組み立てると違うなど本当に心が折れそうになります。

IMG_8253.jpg





これは一番奥にある「シャッター」です。

段差や電飾もありかなり苦戦しそうです。

IMG_8254.jpg


図面ができたので「床」部分から製作開始。


床にはMSを運ぶ「レール」があります。

プラバンを重ねて段差をつけ蛇腹みたいなところはエバグリのプラバンを使いました。

IMG_8255.jpg

0.5mmプラ板を使いましたがまだ段差が大きそうです。

IMG_8256.jpg



床部分は箱組するのですが面積が大きいので下に補強が必要です。

補強用のプラ板を切り出し、瞬着で合わせて高さを揃えます。

切り出しが下手なのよくわかります、、、、、

IMG_8260.jpg


箱を作って補強を入れました。

補強の形は迷いましたが後々この部分にも電飾の配線が通るのでこれくらいシンプルが良いかと判断。

これだけでも補強はバッチリです。

IMG_8261.jpg



先ほど作った床を載せて形になりました!

スジボリなどは壁、床、天井ができた時点で合わせて入れていきます。

IMG_8265.jpg


次は「壁」の製作です。

なかなか週中はできないので今から週末が待ち遠しい、、、、、、、、、、

UC Diorama ⑥ ~艦橋編~

こんばんは!

やっと三連休!とことんプラモ弄りするか!


その前に、、、

先日リンクいただいているかさ兄さんのブログで留萌(るもい)、増毛(ましけ)の話題がございました。

ちょうど金曜日営業で行く事になり、せっかくなので写真を撮ってきました。

※普通の写真なんで興味の無い方はスルーしてください。下の方に「艦橋」の記事がございます。



留萌(るもいだよ)は札幌から152キロあり、なんだかんだこの日は330キロ走りました。

道央道を走って旭川手前で「留萌道」へ分岐、ここから日本海に向けて行きます。

IMG_7908.jpg


留萌道に入って最初の道路がこちら、
IMG_7910.jpg

北海道は真っ直ぐな道が多く地平線までずーーーーーーーっと続いているのですが、

「お~!!イエイ!!」なんて思ってアクセル踏んだ時には一発免停コースが待っています。

同じ北海道でも広いため天気はバラバラ、札幌が晴れているから留萌も大丈夫なんて大間違い、

すでに遠くの空には怪しい黒い雲がかかっています。

IMG_7913.jpg



やべ、、、、雪が降りだした、、、、、、

IMG_7915.jpg



おおおおおイ~、、、、、
IMG_7916.jpg

写真ではわからないですが結構降ってます。

この後流石に写真撮る余裕は無く留萌市内まで慎重に運転しました。

留萌市内は早朝に少し降っただけで自分が到着する頃には雨に変わっていました。




で、これが留萌駅です。

車は結構駐車してあるのですが人がいない、、、、、

自分がこの地区担当した時「るもい」なんて読めなかったし、「萌」の字はやっぱりあの「萌え」だよな~なんて思っていましたが、

さすがに地元の人に言ったら怒るだろうと思っていたのに駅周辺の店舗はみんな

喫茶「もえ~る」、居酒屋「もえもえ」など使いまくりです。

僕が気にし過ぎか、、、、、、

IMG_7917.jpg

留萌で顧客訪問後、今度は増毛(ぞうもうではなくましけです)へ向かいます。

15キロほど走って増毛駅に到着



それがこちら!

IMG_7923.jpg

33年前高倉健さん主演映画ステーションが撮影された駅で有名ですが、ここにも人がいません。

中に入って時刻表を探しました。

それがこちら!!

地元企業の担当者からも聞いていましたが乗り遅れたら完全アウトです。

今は利用者が平均3名という状況らしく廃線も仕方がないかもしれませんね。

IMG_7924.jpg


ついでに高倉健さんが立ったというホームを見に行きましたが、、、、、

IMG_7927.jpg

一応真ん中にあるのがホームです。

う~ん、資料館にあった写真とはだいぶ違うような、、、、

留萌、増毛のお客さんは親切だし、食べ物は美味しいし、これからも通うのですが、、、、、

有名な豪雪地区でありこれから雪の中こなければならないのは憂鬱です、、、、、










と、だいぶ前置きが長くなりましたが、

ここからUCジオラマです。




今回は「艦橋編」です。

通路編と同じようにアニメからおおよその長さを計算して作成しました。

アニメをよく見ると艦橋は一番下にある「大」、MSのコクピットの高さにある「中」、

そして天井近くにある「小」と三種類あるかと思います。

僕が作るのはリディがオードリーを連れ出す時に出てきた一番大きい艦橋になります。



切り出した部品はこんな感じ。

IMG_7871_20151121211715003.jpg




ディテ入れる前にマスキングテープでベタベタ組立して確認。

IMG_7875.jpg


今回すんなりできるかと思っていましたが大間違い、

結構「手すり」で時間がかかってしまいました、、、、、

0.5~からのプラ棒で作成すると細いのでウネウネしてしまい、いかにも手作り感満載になりそうだし、

真鍮線とか考えましたが、丸の真鍮線だと斜めカットはできないし、結合部分が浮いてしまうため却下。

しかもアニメをよく見ると柵の付根部分が斜めになっているのである程度カットなどの調整が必要になってくる。

やはりプラ棒で作るしかないと思い、下の棒は1mmの三角プラ、真ん中は幅0.75mm厚さ0.2mm、

一番上の棒は1mmの角棒をそれぞれ定規を駆使して真っ直ぐになるように作成しました。



柵の付根部分は斜めになっているので長さ5mmで切り出し、下部分は45度でカットしなければならない。

プラ板で簡易「カット台」を作って同じ長さ、ガッツリ45度でカットができるものを作りました。

IMG_7889.jpg

写真で見ると綺麗にならんでいるのですが、現物は浮いている棒もありボツにしました。

「カット台」を何度か改良しなんとか同じ物が切れるようになったのですが、なんかやっているうちに自分が

職人になったように感じてしまうのは気のせいか、、、、


そして組立たのがこちら

IMG_7930.jpg

写真では小さくてわかりにくいですが付根部分も斜めに付ける事ができアニメと同じように再現できたかと思います。

サフ後、スポンジヤスリで表面を整えました。

IMG_7950.jpg








まだ塗装はしていないので弱両面テープで組み立て。

IMG_7933.jpg



そしてフィギュアを置いてアニメ画面と同じ角度に置いて最終チェックです。

IMG_7946.jpg

いい感じでできたかと思います。



次はこれを取り付ける位置を決めるための「MSハンガー」作成です。

UC Diorama ⑤ ~通路編~

こんばんは。

今週はよく走りました!

(営業で、しかも車でですよ)

オフィスは札幌なんですが最北端稚内まで担当なんで一日400~500キロくらい走る時もあります。

今週一週間の総走行距離は1,500キロになりました。

遠隔地に行った時は現在位置「Now!!」の写真を撮って家族に送っています。

まぁ、今に飽きてやらなくなると思いますが、、、、、

IMG_6434.png










北海道は食べ物が美味しいと言いましたが、僕の一番はこれ!

IMG_6388.jpg

「活イカ」です。

時期によって食べれるイカが変わるのですがだいたい500円~1,500円くらいで食べれます。

もちろん活きていますしコリコリしていて美味い!ですが、目はいらないです。リアルです。












それでは

ここから「UC ジオラマ」です。

今後製作するものを順番にまとめてみました。

①モニタールーム (完成)
②通路
③艦橋(?)正式名わかりません。
④MSハンガーType1
⑤ドック内 壁2面
⑥ドック内 シャッター
⑦天井
⑧床

ん~、これ以外にMSやフィギュア、小物製作、電飾などやらなければならない事が多いですが順番に進めていきたいと思います。






まずは通路、

目指すはこちら!

IMG_7715.png



通路(なんかもっと格好良い言い方ないかな)ではいろんなドラマがありました。

今回はとりあえずこの部分だけ作ってあとあと通路を延長して他のシーンも再現してみたいと考えています。






全く同じには作れませんが「3次元化」が目標なのでできるだけ精密に作りたい。

今回は「こんな感じでやってます!」というのも含め写真多めです。



まずはスケッチして1/144フィギュアを置いて、写真を撮って資料画面と比べます。

場面によって見え方が違うので寸法を確定するのに苦労しています。

これで大丈夫と思ってプラ板切って組み立てると微妙に違う、、、、やり直し、、、この繰り返しです。

90_20151114225523775.jpg




下二枚の図面は前回の記事にものせていましたが、

「通路」を作って次につながっている「艦橋」の寸法を確定したら「通路」が狭かったので作り直したものです。

上と下の図が微妙に違うのがわかるかと思います。

IMG_7757.jpg

IMG_7758_201511142257510bf.jpg






写真は「通路」一号の時の写真ですが、毎度やり方は一緒です。

プラ板を切り出し、フィギュア立てて写真を撮っていちいち確認します。

IMG_7787.jpg



次にスジ彫りです。

これもいろんな場面を見てなるべく同じように入れています。

作業やっていて驚いた事があって、アニメですけどどうでもよい線とか装置とか画面変わってもしっかり描かれているんですよね。

絶対図面あるよな~、、、ほしい、、、、、

IMG_7735.jpg




床と壁、天井の境に「モール」があります。

下は2mm、上は3mmの三角プラ棒で再現していきます。

91_20151114230128693.jpg





モールはコーナーで丸く曲がっているので壁のコーナーに合わせて丸くしました。

IMG_7826.jpg
※部屋のライトがアンバー色なんで赤っぽいですがプラはちゃんと白です。




次に天井です。

天井は光がたくさん入るように少し大きめにしました。

切り抜くのが大変なのでいったん切り飛ばして必要部分をくっつけました。

接着が固まった時点で合わせ目を消してスジ彫りをしています。

IMG_7818.jpg


写真忘れましたが天井ライトの枠に1mmプラ棒を付けて段差をつくっています。

この方がより立体的に見えます。

透明プラバンをサイズにカット後粗目のヤスリで削って「すりガラス」のようにしています。

光らせる箱はブラックで塗装後、光が反射するようにラピーテープを貼っています。

IMG_7856.jpg




まだ塗装していないのでマスキングテープで固定しながら組立。

ブラブラしている部品もありますが今は仕方ががない。



では組立も完了しましたので5mmLEDを差し込んで点灯確認です。

IMG_7869.jpg

いい感じで光っています。

今はLEDをラフに付けているので光り方がまばらですが今後調整していきます。





















そして、、、暗い部屋で撮影したのがこちら

IMG_7860.jpg


この写真を見た時とても感動してしまいました。

やっぱりジオラマは楽しい!

塗装しようかと思いましたが、長い時間かけて製作して後々他のものとチグハグになる可能性もあるので

ある程度進んだらまとめて塗装していきます。

通路はいったんここで終了ですが塗装後に改めて画像比較をのせたいと思います。





次は「艦橋」です。


最新記事
プロフィール

Pepe

Author:Pepe
Pepeと申します。ジオラマ製作が好きで超不定期にブログ更新しています。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。